週刊OSM 533

2020/09/29-2020/10/05

lead picture

マイボトルに無料で水を補給しよう 1 | © European Water Project – map data © OpenStreetMap contributors

マッピング

  • Lukas Richert氏は、充電ステーションで使われている電力が何から作られているか(再生可能エネルギー、太陽光発電、風力発電など)をタグ付けするelectricity:source=*提案し、コメントを求めています。
  • reDoubleYou氏が、生産者自身がその製品を販売している店舗を表現するshop=direct_marketing提案しました。提案へのコメントが歓迎されています。
  • タピオカドリンクやミルクティー、ミルク、ジュースなどの飲料を販売する店舗に対するタグamenity=drinksの提案に対する投票が行われています。10/19が投票の期限です。

コミュニティ

  • naveenpf氏がインドでOSMコミュニティを構築した経験をシェアしました。OSMChaで新規ユーザを探し、変更セットにコメントを入れる活動などが行われています。
  • イタリア教育庁が公開している学校オープンデータとOSMデータを比較して、OSMに足りないデータを探す方法をCascafico氏がまとめました。ただしライセンスの問題があるためOSMに投入することはできないようです。
  • イタリアのマッピンググループMap For Futureマッパソンを開催し、ソマリランドのマッピングを実施しました。

Local chapter news

  • 新しくOSMF地方支部となったOpenStreetMap USは、ウェブサイトの再構築を考えており、再構築に関する提案を受け付けています。

イベント

  • 位置情報を扱う様々なサービスやプロジェクトについて意見交換するGeomobのフォーラムが10/14にオンラインで開催されます。当日参加者は100人を予定していますが、イベント動画はイベント終了後に公開される予定です。
  • オーストラリアの測量・空間科学研究所(SSSI)が、2020~2021年の夏期に向けた水インフラ(ダム、ウォーターパークなど)をマッピングするマッパソンを10/31に開催します。マッピングされた情報はGrowing Data Foundationのウェブアプリ「FireWater」で使われ、現場の消防隊員にリアルタイムの水源情報を提供できます。

OSM人道支援

  • HOTフィリピンがパンパンガ州(フィリピン)のリモートマッピングとその検証が完了したことを、feyeandal氏が報告しています。
  • 2020年のHOTサミットUnderstanding Riskカンファレンスに併せて12/4にオンラインで開催されます。HOTのスタッフ4人が、過去に同カンファレンスに参加して何を学び、つながり、刺激を受けたかを振り返っています。

地図

  • ドイツ連邦地図測地庁と連邦人口研究所が、ドイツの統一と多様性の30年間における人口統計学と地図学の動きを紹介しています。
  • LEO-BWは、バーデン=ヴュルテンベルク州(ドイツ)の地域情報システムで、1968年のオルソ画像など様々な情報を提供しています。
  • 太平洋地域環境計画事務局(SPREP)は太平洋環境ポータルを通じてOpenStreetMapのデータをダウンロードできるようにしました。

switch2OSM

  • ドイツ政府への質問サイトで、鉄道路線計画地図のありかを問い合わせる質問がありました。すると、連邦鉄道事務所から、openrailwaymap.orgを勧める回答が寄せられました。
  • フランスのビダール地域観光協会はOSM地図を活用した観光案内について解説した動画を公開しました。

ソフトウェア

プログラミング

  • Quy Thy Truong氏らはOSMの破壊的編集を検出する方法について論文を発表しました。プログラムのソースコードはgithubで公開されています。

リリース

  • 10/5にJOSMのバージョン17084(20.09)がリリースされました。
  • 地理空間情報の表示や編集を行えるJavaベースのサーバーソフトウェアGeoServerバージョン2.18.0が登場しました。
  • GraphHopperのオープンソース経路検索エンジンのバージョン2.0がリリースされました。

ご存知でしたか?

  • [1] NGO団体欧州水プロジェクトが作成したwater-mapでは、持参したボトルに無料で水を入れることができる場所をみることができます。
  • 公共交通機関のオープンデータ化を進めるプロジェクトJungle Busが開発したサービスUnrollは、ルート情報や時刻表など様々な情報を表示することができます。
  • 米国OSMコミュニティはオンラインミーティングMappyHoursを開催しており、ミーティングで紹介されたプレゼンはYouTubeで閲覧することができます。
  • 適切に帰属表示されていないOSM地図を見つけたら、こちらのページを参照して対処方法を確認してください。

メディア掲載

  • Antônio Heleno Caldas Laranjeira氏は自由な地図の重要性を述べる記事をoutraspalavrasに寄稿しました。

その他の “ジオ” な事柄

  • Appleマップは、英国でより詳細な地図をリリースしました。改善された地図では植生や通り、建物などのカバー率が高くなっており、Googleストリートビューのような「ルックアラウンド」機能はロンドン、エディンバラ、ダブリンで利用可能です。
  • Grant Slater氏の紹介するロンドンのRTK基地局についてお伝えしました。Adrian 2氏がこれらの基地局への接続を試したところ、WGS84とほぼ一致しているという結果が得られました。Adrian 2氏はフランスで独自にRTK基地局ネットワークを構築しているCentipedeプロジェクトにも言及しています。こちのプロジェクトでも接続にパスワードは必要ないそうです。また、ユーザー日記では無料のオンラインサービスを使って1~2cm程度の精度で測位する方法を説明しています。
  • pocketnavigation.deが2つのナビゲーションデバイスGarmin Edge 1030 PlusとTwoNav Crossを比較しています。
  • シアトルの道路計画を変更し、その効果を研究することができるシミュレーションゲームがあります

まもなく開催

場所 名称 開催日
ベルリン 148. Berlin-Brandenburg Stammtisch (Online) 2020-10-09 germany
ミシガン州 Michigan Online Meetup 2020-10-12 usa
Bonnclos_fabric.txt 132. Bonner OSM-Stammtisch (Online) 2020-10-13 germany
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2020-10-13 germany
Salt Lake City / Virtual OpenStreetMap Utah Map Night 2020-10-13 united states
Cobb Virtual Academy OSMUK AGM plus presentations 2020-10-17 united kingdom
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2020-10-20 germany
ベルリン OSM-Verkehrswende #16 (Online) 2020-10-20 germany
ノッティンガム Nottingham pub meetup 2020-10-20 united kingdom
ブレーメン Bremer Stammtisch 2020-10-26 germany
アルロン Réunion des contributeurs OpenStreetMap 2020-10-26 belgium
Salt Lake City / Virtual OpenStreetMap Utah Map Night 2020-10-27 united states
デュッセルドルフ Düsseldorfer OSM-Stammtisch 2020-10-28 germany
Salt Lake City / Virtual OpenStreetMap Utah Map Night 2020-10-29 united states
Online 2020 Pista ng Mapa 2020-11-13-2020-11-27 philippines
Online FOSS4G SotM Oceania 2020 2020-11-20 oceania

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by AnisKoutsi, Anne Ghisla, MichaelFS, Nordpfeil, Rogehm, SK53, TheSwavu, k_zoar, muramototomoya.

One thought on “週刊OSM 533

Comments are closed.