週刊OSM 552

2021/02/09-2021/02/15

lead picture

2021-02-20 土曜日現在、99.615.975変更セット、100,000,000変更セットまであとわずか 1 | © OSM in Realtime by James Westman | map data © OpenStreetMap contributors

私たちについて

  • 先週にお伝えした通り、OSMの変更セットが2月26日ごろに1億に達する見込みです。1億番をゲットした方は、インタビューさせていただきたいので、3月1日までにぜひ週刊OSMまでご連絡ください。ご連絡の際はOSM100M-CSのキーワードを入れて頂けるようお願いします。なお1億番をゲットした方にはGEOFABRIK社から1.2×0.9mサイズの印刷地図が贈呈される予定です。

マッピングキャンペーン

  • Said Turksever氏は、トルコで道路のマッピングされていない場所をマッピングするMapRouletteチャレンジが完了したとツイートしています。

マッピング

  • MapRouletteに、空港の誘導路などのタグ付けを変更するチャレンジがあることをFlorian Lohoff氏が紹介しています。このチャレンジによって多くの地物が、標準地図スタイル上でレンダリングされないタグ付けになってしまうことが指摘されています。
  • Clay_c氏は、地下鉄の駅を建物として扱うかどうかについて書いています。記事では既に使われているタグの調査やインドアマップのサンプル、いくつかの図が使われています。
  • Lyft(ライドシェア、オンデマンドタクシー会社)が、OpenStreetMapを利用する利点についてブログ記事を書いています。
  • Martijn van Exel氏は、米国にある古いTIGERデータを体系的に修復するための、方法についてのチュートリアルビデオを公開しました。
  • mahdi1234氏は、uMapにOverpassを使って地物を表示する際、GitHubをOverpassクエリのキャッシュとして使う方法を書いています。
  • 次のような提案が発表され、フィードバックが求められています。
    • 時間制限駐車区間に駐車された車両によるドア開放事故など、サイクリストが危険にさらされる可能性がある場所にタグ付けするcycleway:doorzone=*提案
    • 郵便局以外で郵便サービスを提供している店舗へのタグ付けpost_partner=提案
    • 一つの交差点内において複数箇所にタグ付けされた信号機をまとめるリレーションタグtype=traffic_signals_set提案
    • ライフガードが待機している施設へのタグ付けemergency=lifeguardと、どのような施設なのかをタグ付けするlifeguard=*提案
  • 現在、次のような提案に対して投票が行われています。
    • オガム文字の書かれた石へのタグ付けhistoric=ogham_stone提案。2回目の投票で、2/28が期限です。
    • 溶質を取り出すために水を蒸発させる施設などにタグ付けするbasin=*提案。期限は3/2です。
  • 次の提案に対する投票が終了しました。
    • 鉱山などで、鉱物を取り出した後に残る尾鉱を貯蔵しておく場所をタグ付けするman_made=tailings_pondは賛成32票、反対0票、棄権0票で承認されました
    • 交通静穏化のために設置される円形の隆起物へのタグ付けtraffic_calming=mini_bumpsは賛成37票、反対0票、棄権0票で承認されました

コミュニティ

  • OSM USの理事選挙では4人の現職が再選し、今年引退を表明したAlyssa Wright氏の席には新しくDiane Fritz氏が就くことになりました。
  • OSMF理事のRory McCann氏が、2020年12月に行ったOSM関連活動をまとめています。
  • 世界のOSM編集状況をリアルタイムで表示するツールOSM In RealtimeがHackernewsで紹介されました。
  • YouthMappersは、「科学における女性と少女の国際デー(2月11日)」の重要性についてブログ記事を書いています。

インポート

  • スペインコミュニティで山域データのインポート計画されています。しかし山域は現地で確認することが難しいため、検証可能性が低いとの反対意見も挙がっています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF理事長のAllan Mustard氏は、2/14に終了したOSMFのコミュニティ調査について、終了前にリマインダーを、終了後にはアンケートへの回答概要を送信しました。現在、調査結果のページに掲載するため回答の処理が行われています。
  • Mikel Maron氏は、2020年の少額支援金で、利益相反事案があったことを謝罪しています。Mikel氏やJoost Schouppe 氏は、少額支援金を受け取ったプロジェクトと密接な関係があったそうです。

地方支部ニュース

  • 2019年4月から、Healthsites.ioCartong、Géomatica、OSMセネガルコミュニティは、協力してセネガルの医療施設に関する地図作成を続けています。

OSM人道支援

  • NPO団体HOTは2月26日に人道支援マッピング活動に関するwebinarを開催します。
  • Pete Master(別名pedrito)氏は、HOTがタンザニアで5年間続けているプロジェクトについて報告しています。
  • RebeccaF氏は、HOTが新しく展開している地域ハブの設置目的を紹介しています。

ソフトウェア

  • GeofabrikのOSM Inspectorでは、以前からPTv2での検証結果を表示していましたが、停止位置の新しいルールについても検証結果を表示するようになりました
  • 指定した場所のOSMデータを表示するスマホアプリOSMfocusの開発が停止していたため、Pieter Fiers氏はOSMFocus Rebornとして開発を再開しました。Androidで利用できます。

プログラミング

  • Google Summer of Codeのメンターとして参加する組織の応募期限が迫っています。Sarah Hoffman(別名lonvia)氏は開発者メーリングリストで、プロジェクトのアイデアをWikiに追加するよう呼びかけています。OpenStreetMapは2008年からGoogle Summer of Codeに参加しています(2014年は間接的参加です)。
  • Tor Hovland氏は、Rust言語を使った、OpenStreetMap編集のためのウェブアプリケーション開発についてブログ連載を始めました

ご存知でしたか?

  • Ervin Ruci氏が開発したジオコーダーgeocode.xyzはジオコーディングをバッチ処理することができます。
  • Wikiには、traffic_calming=*でタグ付けする様々な交通静穏化地物の写真が掲載されています。
  • Peakfinderは山岳パノラマ画像を作成することができます。
  • 案内板表示が必ずしも正しいとは限りません…
  • OSM関連ソフトの更新状況はドイツ語フォーラムでも案内されています。
  • OpenStreetMap Helpスタック・エクスチェンジスタイルのQ&Aフォーラムです。

メディア掲載

  • ボランティアが地図データを作成するVGIでは「傍観者効果」が生じることが論文で報告されました。参加を促進するために必要なことについてGIS Loungeに記事が掲載されました。

その他の “ジオ” な事柄

  • 豪州測量士会会長Paul Digney氏は豪州国内のGIS関連イベントを振り返る記事を寄稿しました。7月に発生した大規模森林火災で被害を受けたインフラのマッパソンや、森林火災予防マッピング活動に触れられています。
  • 気候変動に対応するため、カトリック教会は自らが所有する土地のマッピングを進めるようMolly Burhans氏が働きかけています

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
Missing Maps American Red Cross Aviano AB Airmen & Soldiers Mapathon osmcalpic 2021-02-21
OpenStreetMap Hungary Workshop: Buszútvonalak hozzáadása szakszerűen / Adding bus routes, OSMF stats osmcalpic 2021-02-22
Adding bus routes, OSMF stats (online, Hungarian) osmcalpic 2021-02-22
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-02-22
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-02-22 flag
Disastermappers Heidelberg: Access to Healthcare Infrastructure Mapathon osmcalpic 2021-02-23
Missing Maps Spanish Red Cross Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Missing Maps Friends of MSF Newcastle Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Vandœuvre-lès-Nancy Rencontre mensuelle (virtuelle) Nancy osmcalpic 2021-02-24 flag
Map For Future Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Missing Maps German Red Cross: Validierungsmapathon für erfahrene Kartierer osmcalpic 2021-02-24
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-02-24 flag
Osborne County OpenStreetMap U.S. Virtual Mappy Hour osmcalpic 2021-02-25 flag
JOSM Training and Mapathon Hosted by the YouthMappers Validation Hub osmcalpic 2021-02-25
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-02-25
Missing Maps Slovakia Mapathon osmcalpic 2021-02-25
okres Žilina Missing Maps mapathon Slovakia online #2 osmcalpic 2021-02-25 flag
Missing Maps American Red Cross February Mapathon (Pacific NW) osmcalpic 2021-02-26
Missing Maps DRK Online Mapathon osmcalpic 2021-02-25
Missing Maps German Red Cross Mapathon osmcalpic 2021-02-25
Humanitarian OpenStreetMap Team Community WG: Colonialism in Open Data and Mapping Webinar osmcalpic 2021-02-26
Humanitarian OpenStreetMap Team Community WG: Colonialism in Open Data and Mapping Webinar osmcalpic 2021-02-26
gmina Krośniewice Virtual community meeting. osmcalpic 2021-02-26 flag
Virtueel treffen Openstreetmap NL osmcalpic 2021-02-27
Univers3s: Séminaire de Formation en OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28
Biella Incontro mensile OSMers BI-VC-CVL (online) osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28 flag
Friends of MSF Ottawa Mapathon on/sur OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28
Colectivo das Pedras Galladas: Obradoiro de OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27
Essen FOSSGIS-OSM-Communitytreffen (Online) osmcalpic 2021-02-28 flag
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-03-01
London Missing Maps London Mapathon osmcalpic 2021-03-02 gb
Landau an der Isar Virtuelles Niederbayern-Treffen osmcalpic 2021-03-02 flag
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-03-03
Missing Maps German Red Cross: Validierungsmapathon für erfahrene Kartierer osmcalpic 2021-03-03
TechGirlz Workshop: Mapping For Humanity, Using Digital Mapping To Better The World osmcalpic 2021-03-04 – 2021-03-05
San Jose Virtual Civic Hack & Map Night osmcalpic 2021-03-05 flag
Nordrhein-Westfalen Mapper*innentreffen Bochum osmcalpic 2021-03-04 flag
Dresden Dresdner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-03-04 flag
OSGeo.nl: De Grote Geo Show OpenStreetMap Special osmcalpic 2021-03-04
Missing Maps UC Davis Doctors Without Borders Mapathon osmcalpic 2021-03-05
gmina Krośniewice Virtual community meeting. osmcalpic 2021-03-05 flag
Open Data Day 2021 osmcalpic 2021-03-06
Dar es Salaam Tanzania Data Lab + OpenMap Development Tanzania: HIV/AIDS hotspots and testing facilities Mapathon osmcalpic 2021-03-06 flag
Kampala OpenStreetMap Uganda Mapping Uganda’s New Cities Mapthon osmcalpic 2021-03-06 flag
臺北市 Open Data Day Taiwan 2021 osmcalpic 2021-03-06 flag
Missing Maps American Red Cross International Women’s Day Mapathon 2021 osmcalpic 2021-03-08
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-03-08
臺北市 OSM x Wikidata #26 osmcalpic 2021-03-08 flag
Hamburg Hamburger Mappertreffen osmcalpic 2021-03-09 flag
Missing Maps German Red Cross Einführung JOSM Mapathon osmcalpic 2021-03-10
Chippewa Township OpenStreetMap Michigan Meetup osmcalpic 2021-03-11 flag
Osborne County OpenStreetMap U.S. Virtual Mappy Hour osmcalpic 2021-03-11 flag
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-03-11
Zürich OSM-Treffen Zürich osmcalpic 2021-03-11 flag
München Münchner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-03-11 flag
Berlin 153. Berlin-Brandenburg OpenStreetMap Stammtisch (Online) osmcalpic 2021-03-11 flag
Berlin Remote DB Regio Hackathon osmcalpic 2021-03-12 – 2021-03-13 flag
Missing Maps Friends of MSF Lancaster Mapathon osmcalpic 2021-03-13

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nordpfeil, PierZen, rogehm, SK53, Sammyhawkrad, TheSwavu, k_zoar, muramototomoya.

2021/02/09-2021/02/15

lead picture

2021-02-20 土曜日現在、99.615.975変更セット、100,000,000変更セットまであとわずか 1 | © OSM in Realtime by James Westman | map data © OpenStreetMap contributors

私たちについて

  • 先週にお伝えした通り、OSMの変更セットが2月26日ごろに1億に達する見込みです。1億番をゲットした方は、インタビューさせていただきたいので、3月1日までにぜひ週刊OSMまでご連絡ください。ご連絡の際はOSM100M-CSのキーワードを入れて頂けるようお願いします。なお1億番をゲットした方にはGEOFABRIK社から1.2×0.9mサイズの印刷地図が贈呈される予定です。

マッピングキャンペーン

  • Said Turksever氏は、トルコで道路のマッピングされていない場所をマッピングするMapRouletteチャレンジが完了したとツイートしています。

マッピング

  • MapRouletteに、空港の誘導路などのタグ付けを変更するチャレンジがあることをFlorian Lohoff氏が紹介しています。このチャレンジによって多くの地物が、標準地図スタイル上でレンダリングされないタグ付けになってしまうことが指摘されています。
  • Clay_c氏は、地下鉄の駅を建物として扱うかどうかについて書いています。記事では既に使われているタグの調査やインドアマップのサンプル、いくつかの図が使われています。
  • Lyft(ライドシェア、オンデマンドタクシー会社)が、OpenStreetMapを利用する利点についてブログ記事を書いています。
  • Martijn van Exel氏は、米国にある古いTIGERデータを体系的に修復するための、方法についてのチュートリアルビデオを公開しました。
  • mahdi1234氏は、uMapにOverpassを使って地物を表示する際、GitHubをOverpassクエリのキャッシュとして使う方法を書いています。
  • 次のような提案が発表され、フィードバックが求められています。
    • 時間制限駐車区間に駐車された車両によるドア開放事故など、サイクリストが危険にさらされる可能性がある場所にタグ付けするcycleway:doorzone=*提案
    • 郵便局以外で郵便サービスを提供している店舗へのタグ付けpost_partner=提案
    • 一つの交差点内において複数箇所にタグ付けされた信号機をまとめるリレーションタグtype=traffic_signals_set提案
    • ライフガードが待機している施設へのタグ付けemergency=lifeguardと、どのような施設なのかをタグ付けするlifeguard=*提案
  • 現在、次のような提案に対して投票が行われています。
    • オガム文字の書かれた石へのタグ付けhistoric=ogham_stone提案。2回目の投票で、2/28が期限です。
    • 溶質を取り出すために水を蒸発させる施設などにタグ付けするbasin=*提案。期限は3/2です。
  • 次の提案に対する投票が終了しました。
    • 鉱山などで、鉱物を取り出した後に残る尾鉱を貯蔵しておく場所をタグ付けするman_made=tailings_pondは賛成32票、反対0票、棄権0票で承認されました
    • 交通静穏化のために設置される円形の隆起物へのタグ付けtraffic_calming=mini_bumpsは賛成37票、反対0票、棄権0票で承認されました

コミュニティ

  • OSM USの理事選挙では4人の現職が再選し、今年引退を表明したAlyssa Wright氏の席には新しくDiane Fritz氏が就くことになりました。
  • OSMF理事のRory McCann氏が、2020年12月に行ったOSM関連活動をまとめています。
  • 世界のOSM編集状況をリアルタイムで表示するツールOSM In RealtimeがHackernewsで紹介されました。
  • YouthMappersは、「科学における女性と少女の国際デー(2月11日)」の重要性についてブログ記事を書いています。

インポート

  • スペインコミュニティで山域データのインポート計画されています。しかし山域は現地で確認することが難しいため、検証可能性が低いとの反対意見も挙がっています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF理事長のAllan Mustard氏は、2/14に終了したOSMFのコミュニティ調査について、終了前にリマインダーを、終了後にはアンケートへの回答概要を送信しました。現在、調査結果のページに掲載するため回答の処理が行われています。
  • Mikel Maron氏は、2020年の少額支援金で、利益相反事案があったことを謝罪しています。Mikel氏やJoost Schouppe 氏は、少額支援金を受け取ったプロジェクトと密接な関係があったそうです。

地方支部ニュース

  • 2019年4月から、Healthsites.ioCartong、Géomatica、OSMセネガルコミュニティは、協力してセネガルの医療施設に関する地図作成を続けています。

OSM人道支援

  • NPO団体HOTは2月26日に人道支援マッピング活動に関するwebinarを開催します。
  • Pete Master(別名pedrito)氏は、HOTがタンザニアで5年間続けているプロジェクトについて報告しています。
  • RebeccaF氏は、HOTが新しく展開している地域ハブの設置目的を紹介しています。

ソフトウェア

  • GeofabrikのOSM Inspectorでは、以前からPTv2での検証結果を表示していましたが、停止位置の新しいルールについても検証結果を表示するようになりました
  • 指定した場所のOSMデータを表示するスマホアプリOSMfocusの開発が停止していたため、Pieter Fiers氏はOSMFocus Rebornとして開発を再開しました。Androidで利用できます。

プログラミング

  • Google Summer of Codeのメンターとして参加する組織の応募期限が迫っています。Sarah Hoffman(別名lonvia)氏は開発者メーリングリストで、プロジェクトのアイデアをWikiに追加するよう呼びかけています。OpenStreetMapは2008年からGoogle Summer of Codeに参加しています(2014年は間接的参加です)。
  • Tor Hovland氏は、Rust言語を使った、OpenStreetMap編集のためのウェブアプリケーション開発についてブログ連載を始めました

ご存知でしたか?

  • Ervin Ruci氏が開発したジオコーダーgeocode.xyzはジオコーディングをバッチ処理することができます。
  • Wikiには、traffic_calming=*でタグ付けする様々な交通静穏化地物の写真が掲載されています。
  • Peakfinderは山岳パノラマ画像を作成することができます。
  • 案内板表示が必ずしも正しいとは限りません…
  • OSM関連ソフトの更新状況はドイツ語フォーラムでも案内されています。
  • OpenStreetMap Helpスタック・エクスチェンジスタイルのQ&Aフォーラムです。

メディア掲載

  • ボランティアが地図データを作成するVGIでは「傍観者効果」が生じることが論文で報告されました。参加を促進するために必要なことについてGIS Loungeに記事が掲載されました。

その他の “ジオ” な事柄

  • 豪州測量士会会長Paul Digney氏は豪州国内のGIS関連イベントを振り返る記事を寄稿しました。7月に発生した大規模森林火災で被害を受けたインフラのマッパソンや、森林火災予防マッピング活動に触れられています。
  • 気候変動に対応するため、カトリック教会は自らが所有する土地のマッピングを進めるようMolly Burhans氏が働きかけています

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
Missing Maps American Red Cross Aviano AB Airmen & Soldiers Mapathon osmcalpic 2021-02-21
OpenStreetMap Hungary Workshop: Buszútvonalak hozzáadása szakszerűen / Adding bus routes, OSMF stats osmcalpic 2021-02-22
Adding bus routes, OSMF stats (online, Hungarian) osmcalpic 2021-02-22
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-02-22
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-02-22 flag
Disastermappers Heidelberg: Access to Healthcare Infrastructure Mapathon osmcalpic 2021-02-23
Missing Maps Spanish Red Cross Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Missing Maps Friends of MSF Newcastle Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Vandœuvre-lès-Nancy Rencontre mensuelle (virtuelle) Nancy osmcalpic 2021-02-24 flag
Map For Future Mapathon osmcalpic 2021-02-24
Missing Maps German Red Cross: Validierungsmapathon für erfahrene Kartierer osmcalpic 2021-02-24
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-02-24 flag
Osborne County OpenStreetMap U.S. Virtual Mappy Hour osmcalpic 2021-02-25 flag
JOSM Training and Mapathon Hosted by the YouthMappers Validation Hub osmcalpic 2021-02-25
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-02-25
Missing Maps Slovakia Mapathon osmcalpic 2021-02-25
okres Žilina Missing Maps mapathon Slovakia online #2 osmcalpic 2021-02-25 flag
Missing Maps American Red Cross February Mapathon (Pacific NW) osmcalpic 2021-02-26
Missing Maps DRK Online Mapathon osmcalpic 2021-02-25
Missing Maps German Red Cross Mapathon osmcalpic 2021-02-25
Humanitarian OpenStreetMap Team Community WG: Colonialism in Open Data and Mapping Webinar osmcalpic 2021-02-26
Humanitarian OpenStreetMap Team Community WG: Colonialism in Open Data and Mapping Webinar osmcalpic 2021-02-26
gmina Krośniewice Virtual community meeting. osmcalpic 2021-02-26 flag
Virtueel treffen Openstreetmap NL osmcalpic 2021-02-27
Univers3s: Séminaire de Formation en OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28
Biella Incontro mensile OSMers BI-VC-CVL (online) osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28 flag
Friends of MSF Ottawa Mapathon on/sur OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27 – 2021-02-28
Colectivo das Pedras Galladas: Obradoiro de OpenStreetMap osmcalpic 2021-02-27
Essen FOSSGIS-OSM-Communitytreffen (Online) osmcalpic 2021-02-28 flag
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-03-01
London Missing Maps London Mapathon osmcalpic 2021-03-02 gb
Landau an der Isar Virtuelles Niederbayern-Treffen osmcalpic 2021-03-02 flag
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-03-03
Missing Maps German Red Cross: Validierungsmapathon für erfahrene Kartierer osmcalpic 2021-03-03
TechGirlz Workshop: Mapping For Humanity, Using Digital Mapping To Better The World osmcalpic 2021-03-04 – 2021-03-05
San Jose Virtual Civic Hack & Map Night osmcalpic 2021-03-05 flag
Nordrhein-Westfalen Mapper*innentreffen Bochum osmcalpic 2021-03-04 flag
Dresden Dresdner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-03-04 flag
OSGeo.nl: De Grote Geo Show OpenStreetMap Special osmcalpic 2021-03-04
Missing Maps UC Davis Doctors Without Borders Mapathon osmcalpic 2021-03-05
gmina Krośniewice Virtual community meeting. osmcalpic 2021-03-05 flag
Open Data Day 2021 osmcalpic 2021-03-06
Dar es Salaam Tanzania Data Lab + OpenMap Development Tanzania: HIV/AIDS hotspots and testing facilities Mapathon osmcalpic 2021-03-06 flag
Kampala OpenStreetMap Uganda Mapping Uganda’s New Cities Mapthon osmcalpic 2021-03-06 flag
臺北市 Open Data Day Taiwan 2021 osmcalpic 2021-03-06 flag
Missing Maps American Red Cross International Women’s Day Mapathon 2021 osmcalpic 2021-03-08
Missing Maps CartONG Mapathon osmcalpic 2021-03-08
臺北市 OSM x Wikidata #26 osmcalpic 2021-03-08 flag
Hamburg Hamburger Mappertreffen osmcalpic 2021-03-09 flag
Missing Maps German Red Cross Einführung JOSM Mapathon osmcalpic 2021-03-10
Chippewa Township OpenStreetMap Michigan Meetup osmcalpic 2021-03-11 flag
Osborne County OpenStreetMap U.S. Virtual Mappy Hour osmcalpic 2021-03-11 flag
UN Mappers weekly mapathon osmcalpic 2021-03-11
Zürich OSM-Treffen Zürich osmcalpic 2021-03-11 flag
München Münchner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-03-11 flag
Berlin 153. Berlin-Brandenburg OpenStreetMap Stammtisch (Online) osmcalpic 2021-03-11 flag
Berlin Remote DB Regio Hackathon osmcalpic 2021-03-12 – 2021-03-13 flag
Missing Maps Friends of MSF Lancaster Mapathon osmcalpic 2021-03-13

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nordpfeil, PierZen, rogehm, SK53, Sammyhawkrad, TheSwavu, k_zoar, muramototomoya.

3 thoughts on “週刊OSM 552

  1. says:

    Guten Tag allerseits,

    ich hatte bereits vor Wochen wg. “EU weiter Kriegsgräber Darstellung” angefragt, scheint irgendwie untergegangen zu sein oder ?

    Schönen Dank und bleibt gesund.
    Wolle

    1. Manfred Reiter says:

      Hallo Wolle,

      wir sind leider der falsche Ansprechpartner.
      Solche Fragen kann man im Forum oder in der Mailingliste diskutieren.
      Wir berichten nur über Dinge, die in OSM passieren.

      LG

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *