週刊OSM 235 – 13.01.–19.01.2015

13.01.–19.01.2014

Battlegrid 2015

Battle Grid 2015 – OSM vs. Tiger 2014 [1]

このブログについて

マッピング

タグ定義

  • Lukas Schnausさんが、”信号機“に関するタグ提案をTaggingメーリングリストに投稿しています。
  • Dmitry KiselevさんがAddrNという提案を行い、”カールスルーエ・スキーマ”の拡張として、addr2: = 2番めの住所、 addr3: = 3番目の住所、を定義しています。Taggingメーリングリストでは他にも2つの議論が行われていますので、参照してみてください。

コミュニティ

インポート

  • Paul Churchleyさんがimportsメーリングリストで、 Open Charge Map (電気自動車の充電ステーション)からOSMへのインポートが、ライセンス不整合のために断念したほうがよいのでは、と提言しています (CC-BY-SAで明示されている “third-party data imported under their own licenses”のため)。Wikiページ議論ページで詳細が確認できます。
  • Clifford Snowさんが、アメリカ西海岸、ワシントン州 Kirklandの建物と住所に対する”コミュニティインポート“を宣言しました。Wikiページも参照ください。
  • Frederikさんがimportsメーリングリストで議論がなかったり、深く検証されていない例としてFresnoをあげ、落胆の意を表明しています。

OpenStreetMap Foundation

  • OpenStreetMap US Inc. (OSMFの米国地方支部)が IRS “Internal Revenue Service”によって、非営利 (非課税) 組織として認定されるよう活動しています。弁護士からOSM-US理事への助言によれば、ワシントンDC(OSM-USの主たる事業所の所在地)の条例を満たすため、現在の法規から変更することが望ましいとのこと (現法規新しい定款)。この件についての討議は1月20日まで、talk-usで行われます。
  • OpenStreetMap.orgがウェールズ語や、他80の言語・方言で利用可能になりました。 (via @OSM_Tech)

イベント

  • OpenRailwayMapに関わる人々が、ドイツのEssenでミーティングをしようと計画しています。
  • Stefan Kellerさんが talk-chで行った報告によれば、スイス Postgresカンファレンスが6月25日と26日、Rapperswil大学で開催されるとのことです。発表公募はこちら
  • アナウンスを期待してました? (via @Anonymaps)
  • 1月17日、Yaou (Côte d’Ivoire/コートジボワール)でマッピングパーティが開催され、24人が参加しました。航空写真の無いエリアだったため、作業は”昔ながらの”GPSを使った方法で行われました。
  • National Internet Week 2014のブースとしてブルキナファソの貢献者がOSMとして出展し、”Civil Society”部門の金メダルを表彰されました。

OSM人道支援チーム

地図

#switch2OSM

  • USAirwaysでは、フライトの航路を表示する際にOSM地図を使っています。
  • 現在2000万人の人口を抱えるSão Pauloでは、極度の水不足が発生しています。最大の日刊紙 “Estadão”では、OSM地図の助けを借りて、読者の声を収集しています(他の新聞社は正しいクレジット表記を行っていません!)。“Estadão”の弁明によれば、この地図はLivefyreを使って制作されていると報じられており、コミュニティは活動を続けています。
  • スペインのradiotaxi社が、彼らのAndroidアプリでPide Taxi でOSM地図を利用しています。彼らの©表記は正しく行われています。 (via Twitter)
  • フランスの有名なスポーツ紙 L’Équipeは、UCI World Tourの地図としてOSMを利用しています(選手の出身国による分類や、レースの行われる場所など)。 via Éric Debeau

ライセンス

ソフトウェア

  • Mapboxがブログで、OSM道路ネットワークにおける小さなエラーの訂正をアルゴリズムを元に検出する方法について解説しています。
  • Morgan Herlockerさんと Peter Liuさんによる、JSライブラリ turfを利用したサンプル地図実装。
  • Paul Normanさんが、osm2pgsqlをgeos 2.x、3.0、3.1でテストしてくれる協力者を募集しています
  • Severyn Kozakさんがブログで、新しいジオコーダ pediasと、そのインストール方法について解説しています。

ご存知でしたか?

その他

  • Google Directions APIの利用結果はGoogle mapで表示させる必要があると、Karrusselが再度警告しています。
  • SequoiaMapillaryに投資しました。
  • この地図で笑う人は地図オタクですね。。。
  • Mapillaryのロゴが新しくなりました
  • Open Geospatial Consortium (OGC) が IndoorGML (Indoor Geography Markup Language) のバージョン1.0を公開したと、geoawesomenessがレポートしています。
  • Cory Doctorowさん、OpenStreetMapが私たちに必要な理由を解説しています。

2 thoughts on “週刊OSM 235 – 13.01.–19.01.2015

Comments are closed.