週刊OSM 221 – 07.10.-13.10.2014

07.10. – 13.10.2014

HistoryMap_for_221

“Historical Map” [1] が4ヶ国語に翻訳されました。Comeniusの学生さんたちの活動の成果です。

トーク、フォーラム、Wiki、ブログ

  • ドイツのブログ Wochennotiz で、私達のプロジェクトが複数の言語に翻訳されていることを伝えています。“Wochennotiz erscheint in Zukunft wieder in einer englischen Version. Und in spanisch. Und in rumänisch. Und in japanisch.
  • Thomas-Krenn-AGがOSM2Worldを推進しています。
  • Martijn van Exelさんが、”マッピーアワー/Mappy Hour“を復活させたがっています。
  • シリア北部の”コバネ/Kobane”市は、BingやNokia Mapsに存在していません。ですが、OpenStreetMapにはその街が描かれていますし、マーケットキャンペーンでも利用されています(via Twitter)
  • OpenCageDataブログがRobin Hawkesさんにインタビューしています。彼は、OpenStreetMapのデータを使って都市の3Dビジュアライズを行うVizicitiesの創始者です。
  • Simon Pooleさんがブログで、OpenStreetMapのマッパー数と、2014年8月がこれまでのOSMの歴史の中で2番めに新規マッパー増加が増えた月であることに触れています。
  • アメリカのTIGERインポートデータを修正する、MapRouletteの新しいチャレンジが公開されました。
  • ユーザ lxbarthさんが、メキシコ市で招集されたラテンアメリカのOpenStreetMapコミュニティ集会について語っています。この集会は、オープンデータカンファレンスのなかで開かれました。

オープンデータ & ODbL

  • デンマークが、43,000平方キロメートルもの広さの10cm解像度のオルソ写真を公開しました。この写真はOSMでも利用可能です。

OpenStreetMap-Foundation

OpenStreetMap人道支援チーム

  • 英国の新聞社 “The Guardian”が、”Missing Map”プロジェクトについての記事を公開しました。“Missing Maps Project”は、OSM人道支援チーム (HOT)、国境なき医師団、そして英国と米国の赤十字がファンドしています。
  • Matt Irwinさんがブログで、エボラ熱に脅かされる西アフリカ地域に対する、OSM人道支援チーム (HOT)によるマッピング活動について触れています。
  • レソト王国におけるマッピング活動の進捗レポート。この活動ではHOT Task Managerをつかって活動をコーディネートしています。

地図

タギング

ご存知でしたか?

  • Milvusmap … は、PDF形式のOSMベースの地図ファイル(レンダリングはmilvusmap)を作成してダウンロードできるサービスです。
  • OpenGeoFiction、フィクション地図とは?
  • … ウェアラブルでウオッシャブル、アウトドアでの実用に耐えるデザインの全天候対応型地図。

プログラム

プログラミング

  • Antonio Santiagoさんが、OpenLayers 3の本を公開しました。
  • 数多くのフリーの (ビール無料の意味での) ツールが学生向けに公開されました: GitHub Student Developer Pack

その他