週刊OSM 223 – 21.10.-27.10.2014

21.10. – 27.10.2014

CheckAutopista

高速道路用の新しい品質管理ツール – CheckAutopista [1]

OpenStreetMap-Foundation理事選挙に関して

  • OSM-Foundation事務局長 Frederik Rammさんが、Simon PooleさんのOSMF理事辞任を伝えましたtalk-deメーリングリストでのFrederikさんの説明によれば、”昔ながらの大議長” Steve Coastさんが理事選挙に出馬することを表明したからとのことです。
  • OSMF理事選挙の現在の状況は、OSM-Talkメーリングリストで確認することができます。
  • Steve Coastさんが理事に復帰しようとしていることに関する議論に関して、批判が起きています
  • 上記の議論の中で指摘された非難のひとつとして、OSMFの財務報告の公開が1年以上遅れており、さらにそのことを(CFOを除く)理事ですら知らなかったということが挙げられています。その対処として、2013年の財務報告が公開されました。OSMF Talkのメーリングリストでの議論も参考にしてください。
  • Potlatchエディタの開発者 Richard Fairhurstさんが、OSMF選挙に先立ち、現在の議論をブログでコメントしています。
  • OSMFのCEOを即時辞任したSimon Pooleさんが、辞任に関する事柄を興味深いブログ記事としてまとめています。
  • 立候補者への質問状とその回答は、OSM wikiで公開されています。
  • 立候補者のひとり Frederik RammさんはOSMF talkメーリングリストで、理事構成員によるフェイス・トゥ・フェイス・ミーティングが不要であると考える理由について説明しています。議論では、サーバ費用や資金調達についてもカバーしています。

トーク、フォーラム、Wiki、ブログ

オープンデータ & ODbL

OpenStreetMap人道支援チーム

  • iDを使って建物を描く方法を解説するビデオ
  • 英国紙 The Guardianが、Missing Maps Projectについてレポートしています。
  • Jay CassanoさんがFastColabsで、エボラ熱の大規模流感に対するHOT活動について記事を書いています。
  • HOTとエボラに関するGolemさんのトークはおおむね正しいようです。もちろん私達は、市場で販売されている地図の情報を許可無く使うことはできません。
  • HOT Tasking ManagerでiDに関する新機能 –変更セットコメントの事前設定– が可能になりました。
  • Harry Woodさんと Pierre BėlandさんがBBC World NewsのインタビューでHOT OSMと赤十字の協力体制について語りました。

地図

  • [1] k1wiさんが作成した CheckAutopistaは非常によくできた品質管理ツールです。世界のどこでも対象として調査することができ、様々な言語で提供されています。
  • MapBox社が後悔しているドローン飛行地域マップ “Don’t Fly Drones Here” で、USAにおける “一時的飛行制限区域 /Temporary Flight Restrictions, TFR” が示されるようになりました
  • 養蜂マップuMapをつかって開発されています。

#switch2osm

ご存知でしたか?

ソフトウェア

その他

  • Nokiaの地図アプリ “Here” がAndroidバージョン4.1以上を搭載した機器むけにリリースされました。このアプリでは、ナビゲーション機能と地図、交通機関情報の支援が搭載されています。データの品質はあまりよいものとはいえないようです。
  • 北半球の夏が終わり、次の夏に向けての話が進んでいます 😉 これまでの数年間と同様、Google Summer of Codeプロジェクトへの参加申請は 2015年2月9日までです。
  • 米国連邦航空局から、ドローンを使った動画の制作許可を6社が受け取りました。
  • 航空写真から何が見えるか、実際に見てみてください 😉
  • 2015年と2016年は “International Map Year“です。おおう。
  • Apple社がMapsconnectを開始しました。
  • Wired: “この瞬間にも、世界のどこかで何かが起きている。OpenStreetMapのデータが無い地域であっても”という記事が発表され、New York Timesがアクションを起こし始めました。
  • Timetablingが、”Thee Map Companies Map“というマインドマップを共有し、内容の追加と訂正を求めています。