週刊OSM 376

2017/09/26-2017/10/02

A map of unmapped places on OSM

マッピングされていない場所 1 | Copyright © Pascal Neis (neis-one.org) – Map data © OpenStreetMap contributors

マッピング

  • 2009年にGNIS USからインポートされたデータのうち、存在しない学校を削除するチャレンジがMapRouletteに追加されました。
  • Florian Lainez氏はジャングルバスによってアクラ(ガーナ)では320のミニバス路線がOSMへ登録されたことをフランスのメーリングリストで発表しました。彼がWebサイトでのレンダリングの手助けを依頼して一週間後にはMapanicaのレンダリングが適用され、現在はこちらで全ての路線を見ることができます
  • wikidata=*タグの大規模修正をYuri Astrakhan氏が始め、議論が進められています。
    • brand:wikidata=*タグの一括修正
    • wikipedia=*タグとwikidata=*タグが一致しない場合、ツールを使って両者を半自動で修正しようとYuri氏は考えていましたが、他の人から手動でやるべきであると意見が上がりました。
    • wikidata=*タグが付けられているすべてのオブジェクトにwikipedia=*タグをつける
    • iDエディタのバグ: Wikipedia入力欄にWikidataが表示される
  • オタワで開催されたHOTサミットで、オタワにあるすべての建物をマッピングするローカルOSMコミュニティのパイロットプロジェクトを紹介するカナダ統計局が主催するワークショップが行われたことを、9月にリポートしました。この成果を受けてカナダ統計局のAlessandro Alasia氏はカナダのメーリングリストで2020年までにカナダにあるすべての建物をマッピングするというプロジェクトを提案しています。しかしメーリングリストに参加するマッパーの中にはこのプロジェクトが懐疑的であると言う人もいます。
  • Martijn van Exel氏(Telenav社)が、二ヶ国語で表示された行き先表示をdestination:streetタグにどのように入力したら良いか相談しています。
  • Gorm氏がラウンドアバウトのマッピングを支援するJOSMプラグインRoundabout Expanderを公開しています。
  • Mateusz Konieczny氏がwikipediaタグ、wikidataタグのエラーをチェックするツールを作成しました。
  • 10月15日まで消火栓のタグ付けを拡張する提案へ投票することができます。この提案では新しいタグの追加だけでなく既存のタグ付けも変更されます。

コミュニティ

  • Matthew Darwin氏がカナダのメーリングリストでState of the Map US(10月20日から22日)の中でOSMFの地方支部を立ち上げるためのミーティングを開く提案をしています。

インポート

  • Enock Seth Nyamador氏がガーナの行政界216件をインポートするためにアドバイスを求めています。
  • Rusell Deffner氏がインポートメーリングリストでデンバー市街地にある建物データのインポート準備が完了したと投稿しています。インポートプロジェクトについてWikiに詳しく書かれています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMウェブサイトで稼働していたルート検索サービスOSRMが停止されました。代替サービスとしてMapbox社のルート検索サービスの利用が検討されています。 このプルリクエスト で、MapBox社の商用サービスを使うことやこれらを使うことによる様々な可能性について議論が継続中です
  • Joost Schouppe氏がOSMFのメーリングリストでOSMFのメンバーを増やすための議論をスタートさせました。参加メンバーの多様性を高める意図もあります。
  • もうデータワーキンググループのアンケートに参加しましたか?(先週お伝えしました)

イベント

  • State of the Map運営チームの一人Rob Nickerson氏が大型SotMで使える汎用的な予算構成を公開しました。これは今後のイベント開催を検討する際に参考になる資料です。

OSM人道支援

  • 「スマートフォンとブーツで武装した」ナイジェリアの若者たちがニアメ(ニジェール共和国)の洪水地域をどのようにマッピングしたのか、デイリーメールが報告しています。
  • 社会活動のための技術基盤であるUshahidiの開発者はHOTサミット2017に参加し、そのときの様子をブログに書いています。

地図

  • [1] Pascal Neis氏が世界の中でマッピングされていない場所を示すUnmapped Places of OSMを更新しました。
  • Ilya Zverev氏が地下鉄およびライトレール線のタグをチェックするツールを作成しました。日本のチェック結果はこちら。Zverev氏は本データ等を用いて地図アプリMAPS.MEで公共交通機関ルート検索機能を実装する計画とのことです。なお、Geofabrik社も類似ツールとして公共交通機関チェッカーを公開しています。
  • OSMで更新したデータがStrava地図に反映されなくなったという質問が掲示板に上がりました。Strava地図はMapbox社が提供しているのですが、更新頻度は保証できないとの回答があったとのことです。
  • ハイデルベルク大学がOSM Landuse Landcover地図公開しました。landuse, landcoverタグを強調表示し、表示領域内の面積を円グラフで表示します。

オープンデータ

  • 今年予定されているEU指令では、GitHub等のオープンソースサイトに対して、ユーザが作成したデータが著作権侵害していないか監視するよう義務付ける内容となっており、問題が大きいと懸念されています。

ソフトウェア

  • 既存のOpenStreetMapオブジェクトに不足している情報を追加するためのアプリ「Kort Game」がAndroidとiOS向けに公開されました。このアプリではユーザーはアプリの質問に答え、他のユーザーがその答えを検証することでOSMのデータとしてアップロードされます。データがアップロードされるとKoinsと呼ばれるポイントを貰えます。しかし農村部などでは検証を行うユーザーがいるのかどうかという問題は依然として残っています。Kortの開発はGitHub上で行われていて、翻訳に関してはTransifexで行われます。既にユーザーがいて議論も行われています。

プログラミング

  • ルート検索エンジンGraphopperの開発者karussell氏が、route=ferry, ford=yes, barrier=*に対するデフォルトのアクセス値は何にしたら良いか相談しています。
  • Chris Whong氏が作ったexpress.jsのサーバーアプリでは任意のプロジェクトからMaputnikスタイルエディタへMapbox GLスタイルを簡単に読み込むことができます。

リリース

  • Mapbox Navigation SDK for Android v0.6.0がiOS版に続いて公開されました。

ご存知でしたか?

  • Achituv Cohen氏(イスラエル工科大学)が「OSMデータを用いた、視覚障害者向けルート検索アルゴリズム用重み付けグラフの構築」という学位論文を発表しました。
  • MarbleはOSMの地図を見られるオンライン地球儀です。Linux、Mac、Windows、Android用アプリがあります。
  • WHODIDITではOpenStreetMapの変更セットの内容を確認できます。

メディア掲載

  • ニューヨークタイムズ紙は「プエルトリコで最もハリケーンの被害を受けた地域を特定するためのマッパソン」についてレポートしています。
  • あるRedditのユーザーがOpenStreetMap上にハリケーン「ホセ」の予想進路を表示するアニメーションGIFを投稿しました。
  • プエルトリコのハリケーン被害に対するマッピングイベントがマイアミ大学で開催され、WCPOテレビで放送されました。OSMはちょっと言及されただけでした。

その他の “ジオ” な事柄

  • ガーディアン紙が世界中にある様々な都市の地下鉄ネットワークについて車椅子でのアクセシビリティ問題を取り上げています。車椅子で十分にアクセスできる駅を抽出した結果はがっかりするようなものだったようです。なお東京メトロは211駅中186駅がアクセス可能というなかなかよい成績でした。
  • HOTが上級マネジメントチームの財務・運営管理者(パートタイム)を募集中です。
  • ガーディアン紙に「Googleマップはサイクリスト向け機能を強化すべき」との記事が掲載されました。しかしコメント欄にはGoogleマップを使わずとも他の地図でうまくやっているとの声が寄せられました。なおCycleStreetsやMap.Meを使っているとのコメントもありますが、それらがOSMデータを使っているとは認識されていないようです。
  • NASA(アメリカ航空宇宙局)は、ハリケーンや森林火災、流氷、藻類の大量発生、火山その他といった最新の自然現象の衛星画像を簡単に見つけられるようになるツール をリリースしました。詳細については、開発者が Redditでシェアしています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
モルビアン Opération Libre du Pays de Redon, Peillac et Les Fougerêts 2017-10-07-2017-10-08 france
ドルトムント Mappertreffen Dortmund 2017-10-08 germany
福智町 福智町の歴史・文化まち歩きプロジェクト~自分のチカラで世界中にタカラ発信!~ 2017-10-08 japan
レンヌ Réunion mensuelle 2017-10-09 france
リヨン Rencontre mensuelle ouverte 2017-10-10 france
ミュンヘン Stammtisch 2017-10-10 germany
ロストック Rostocker Treffen 2017-10-10 germany
フィーアゼン OSM Stammtisch Viersen 2017-10-10 germany
ベルリン 112. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2017-10-13 germany
エロー Opération libre à Jacou, Jacou 2017-10-13-2017-10-15 france
東京 東京!街歩き!マッピングパーティ:第12回 旧古河庭園 2017-10-14 japan
トリノ Muoversi a Torinoː Torino mapping party 2017-10-14 italy
カーン Carto-Party : Environment et Arbres 2017-10-14 france
ボン Bonner Stammtisch 2017-10-17 germany
リューネブルク Mappertreffen Lüneburg 2017-10-17 germany
スコットランド Pub meeting, Edinburgh 2017-10-17 united kingdom
カールスルーエ Stammtisch 2017-10-18 germany
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2017-10-19 austria
ボルダー State of the Map U.S. 2017 2017-10-19-2017-10-22 united states
カールスルーエ Hack Weekend October 2017 2017-10-21-2017-10-22 germany
ブエノスアイレス FOSS4G+State of the Map Argentina 2017 2017-10-23-2017-10-28 argentina
ブリュッセル FOSS4G Belgium 2017 2017-10-26 belgium
リマ State of the Map LatAm 2017 2017-11-29-2017-12-02 perú
ヤウンデ State of the Map Cameroun 2017, lors des premières Journées nationales de la Géomatique 2017-12-01-2017-12-03 cameroun
ボン FOSSGIS 2018 2018-03-21-2018-03-24 germany
ミラノ State of the Map 2018, (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by PierZen, Say-no, Spanholz, derFred, jinalfoflia, k_zoar, muramototomoya.

2 thoughts on “週刊OSM 376

Comments are closed.