週刊OSM 568

2021/06/01-2021/06/07

[lead picture

インカ帝国の行政界地図 [1] | © OpenHistoricalMap | map data © OpenStreetMap contributors]

マッピングキャンペーン

  • Puxan氏はマッパソンでマッピングされた地図には品質に大きな問題があると考えています。コロナ禍でオンラインマッパソンが増えており、地図の品質を確保するためには、チュートリアルの完了を必須とすること、管理者がマッピング結果をすべてレビューして参加者にフィードバックすることの2つの対策が必要だと言っています。

マッピング

  • 以下のタグ提案で意見を募集中です。
  • 観光客に目立つよう設置された巨大な家具のタグ付け提案tourism=giant_furnitureの投票が行われています。投票期限は6月16日までです。

コミュニティ

  • コルドバ県(スペイン)空間データ基盤局(IDECOR)のブログに、OSMに参加して県内のマッピングをするよう呼びかける記事が寄稿されました。この記事はスペインのOSMF地方支部メンバーでもあるAriel Antieri氏によって書かれました。
  • OSMベルギーの選ぶ「今月のマッパー」はコートジボワールのRacky氏です。

地方支部ニュース

  • フランスのマッパーLejun氏は、地元に生理処理用品を無料で配布している自動販売機をマッピングしました。TagInfoによると、以前にもこのタグvending=feminine_hygieneが使われた事例はありますが、これほど徹底的にタグ付けされたのはこれが初めてのようです。

教育

  • Arnaud Champollion氏は、OpenStreetMapを使ってオリエンテーションなどで使える地図を作成する方法を動画で紹介しています。

OSM research

  • Tahira Ullah氏(ハイデルベルク大学)らは、OSMデータを使って都市部の様々なPOIデータ(飲食、教育、医療など)の分布を、生物多様性を評価する手法を取り入れて分析しています。研究成果は7月の国際学会で発表する予定です。
  • Jan Pisl氏(ハイデルベルク大学)らは、機械学習により衛星写真からOSMでマッピングされていない建物を抽出する手法論文で発表しました。対象地域のOSMデータが少ない場合は予測精度が悪くなるため、別の地域であらかじめ学習させたモデルを使うようにしました。

OSM人道支援

  • HeiGITは、Open Healthcare Access Mapを更新しました。この地図には中南米南・東南アジアサハラ以南のアフリカにある国々の医療施設が登録されています。このアプリではそれぞれの国で医療施設への移動時間と人口カバー率を視覚化することができます。
  • HOTは、空間データを利用して中南米コミュニティの災害軽減と復興能力を改善するプロジェクトを発表しました。
  • Practical Action Boliviaは、地域コミュニティでマッピングの訓練を行ない、森林火災の影響を受けた地域の建物と道路をマッピングしました

地図

  • 自転車に大型のかごが取り付けられたカーゴバイクで走りやすい道路を色付けした地図をCargoBikeIndexが作成しました。
  • [1] OpenHistoricalMappersはインカ帝国の行政界地図を作成しました。1438年から1533年まで拡大を続けたインカ文明の最初のデジタル地図の可能性があります。
  • VISOV氏は、フランスで発生した、7時間におよんだ緊急電話回線の故障の間に、代替ホットラインの番号をuMapにマッピングしました。

オープンデータ

  • Supaplex氏は、台湾でいくつかの村に対してWikipediaのページが存在しないことを発見しました。Supaplex氏はOSM台湾とWikidata台湾のコミュニティに対して、Wikidataで不足しているページを追加し、OSMに正しい情報を登録するよう呼びかけています。
  • Christianlauer氏はGoogleのBigQueryを使ってOSMデータでビジネス市場分析をおこなう方法を解説しています。

ライセンス

  • Nuno Caldeira氏は、StravaおよびMapboxに対し、OSMF法人会員であるにもかかわらず帰属表示を欠いたサービスを続けていると批判し、「私たちのコミュニティに対するあなたの絶え間ない敬意の欠如に感謝します」と言っています。

ソフトウェア

  • HeiGITは、ブログで毎月公開している「ohsome Region of the Month」シリーズで、ナイロビ(ケニア)の建物がマッピングされていく様子のアニメーションを紹介しています。「ohsome Region of the Month」シリーズではohsome APIの使用事例を紹介しています。
  • raphaelmirc氏は、道路マッピングにmapwith.aiを利用しはじめました。mapwith.aiでは、OSMにマッピングされていない道路を人工知能によって検出しておくことで、マッパーはマッピングが簡単になります。

プログラミング

  • HeiGITとハイデルベルク大学のGIScienceは、OSMにマッピングされているジャカルタ(インドネシア)の道路網と医療施設のデータ品質分析の基礎となるRのコード公開しました。
  • GoogleサマーオブコードでOSM関連のテーマが4件実施されています。
  • 統計解析ソフトRでOSMデータを処理する方法をRob Grant氏が解説しています。

リリース

  • HeiGITはMapActionの協力でohsome品質分析(OQT)を更新し、バージョン0.3.0のリリースを発表しました。OQTもGitHubで公開されています。
  • Angel Cervera氏がosm4scalaのバージョン1.0.8をリリースしました。osm4scalaはPythonやScala、Rなど任意の言語でScalaまたはSparkを使ってOSMのPBFファイルを読み込むための高性能ライブラリとSparkコネクタです。詳細なドキュメントや使用例が掲載されたウェブサイトが整備されました。
  • Merkaartor 0.19.0-rc1がリリースされました。

ご存知でしたか?

  • 航空機などを追跡できるADS-B Exchange、もちろん帰属表示もバッチリです。
  • 新しいタグが必要になった時にはimagico氏のブログOSM Wikiをご覧ください。
  • TafLeVelo氏が開発したツールTemps-veloを使うと、一定時間内に自転車で移動できる範囲を表示するマップを作成できます。
  • Sarah Hoffmann氏が開発したWaymarked Trailsでは、登山道自転車道スキールートなどのコース名や標高グラフを表示することができます。

メディア掲載

  • COVID-19対応活動のため、OSMケララ(インド)は州内の病院マッピングを進めています

その他の “ジオ” な事柄

  • ウェブサイトLyon in 1700では、リヨン市の18世紀の街並みが3Dで再現されており、ストリートビューのように路地を移動したり、施設の情報を閲覧したりすることができます。
  • 米国のサイクリング推進団体PeopleForBikesは、OSMデータを分析し、米国内で最も自転車に優しい都市はバークレー市であると発表しました。

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
140. Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2021-06-15
Berlin OSM-Verkehrswende #24 (Online) osmcalpic 2021-06-15 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2021-06-15 flag
OSM US Mappy Hour osmcalpic 2021-06-17
Albuquerque MapABQ June virtual meetup osmcalpic 2021-06-19 flag
Missing Maps German Red Cross Digitaltag Mapathon osmcalpic 2021-06-18
DRK Missing Maps Mapathon – Digitaltag osmcalpic 2021-06-18
Bogotá Distrito Capital Resolver notas de Bogotá creadas en OpenStreetMap osmcalpic 2021-06-19 flag
San Jose Virtual Civic Action & Map Night osmcalpic 2021-06-25 flag
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public meeting osmcalpic 2021-06-25
XIV. kerület Pestújhely mapping party and eating some ice cream osmcalpic 2021-06-25 flag
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-06-25 flag
Dublin OpenStreetMap Ireland AGM osmcalpic 2021-06-26 flag
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-06-28 flag

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Lejun, Nordpfeil, TheSwavu, derFred, k_zoar, muramototomoya.

2021/06/01-2021/06/07

[lead picture

インカ帝国の行政界地図 [1] | © OpenHistoricalMap | map data © OpenStreetMap contributors]

マッピングキャンペーン

  • Puxan氏はマッパソンでマッピングされた地図には品質に大きな問題があると考えています。コロナ禍でオンラインマッパソンが増えており、地図の品質を確保するためには、チュートリアルの完了を必須とすること、管理者がマッピング結果をすべてレビューして参加者にフィードバックすることの2つの対策が必要だと言っています。

マッピング

  • 以下のタグ提案で意見を募集中です。
  • 観光客に目立つよう設置された巨大な家具のタグ付け提案tourism=giant_furnitureの投票が行われています。投票期限は6月16日までです。

コミュニティ

  • コルドバ県(スペイン)空間データ基盤局(IDECOR)のブログに、OSMに参加して県内のマッピングをするよう呼びかける記事が寄稿されました。この記事はスペインのOSMF地方支部メンバーでもあるAriel Antieri氏によって書かれました。
  • OSMベルギーの選ぶ「今月のマッパー」はコートジボワールのRacky氏です。

地方支部ニュース

  • フランスのマッパーLejun氏は、地元に生理処理用品を無料で配布している自動販売機をマッピングしました。TagInfoによると、以前にもこのタグvending=feminine_hygieneが使われた事例はありますが、これほど徹底的にタグ付けされたのはこれが初めてのようです。

教育

  • Arnaud Champollion氏は、OpenStreetMapを使ってオリエンテーションなどで使える地図を作成する方法を動画で紹介しています。

OSM research

  • Tahira Ullah氏(ハイデルベルク大学)らは、OSMデータを使って都市部の様々なPOIデータ(飲食、教育、医療など)の分布を、生物多様性を評価する手法を取り入れて分析しています。研究成果は7月の国際学会で発表する予定です。
  • Jan Pisl氏(ハイデルベルク大学)らは、機械学習により衛星写真からOSMでマッピングされていない建物を抽出する手法論文で発表しました。対象地域のOSMデータが少ない場合は予測精度が悪くなるため、別の地域であらかじめ学習させたモデルを使うようにしました。

OSM人道支援

  • HeiGITは、Open Healthcare Access Mapを更新しました。この地図には中南米南・東南アジアサハラ以南のアフリカにある国々の医療施設が登録されています。このアプリではそれぞれの国で医療施設への移動時間と人口カバー率を視覚化することができます。
  • HOTは、空間データを利用して中南米コミュニティの災害軽減と復興能力を改善するプロジェクトを発表しました。
  • Practical Action Boliviaは、地域コミュニティでマッピングの訓練を行ない、森林火災の影響を受けた地域の建物と道路をマッピングしました

地図

  • 自転車に大型のかごが取り付けられたカーゴバイクで走りやすい道路を色付けした地図をCargoBikeIndexが作成しました。
  • [1] OpenHistoricalMappersはインカ帝国の行政界地図を作成しました。1438年から1533年まで拡大を続けたインカ文明の最初のデジタル地図の可能性があります。
  • VISOV氏は、フランスで発生した、7時間におよんだ緊急電話回線の故障の間に、代替ホットラインの番号をuMapにマッピングしました。

オープンデータ

  • Supaplex氏は、台湾でいくつかの村に対してWikipediaのページが存在しないことを発見しました。Supaplex氏はOSM台湾とWikidata台湾のコミュニティに対して、Wikidataで不足しているページを追加し、OSMに正しい情報を登録するよう呼びかけています。
  • Christianlauer氏はGoogleのBigQueryを使ってOSMデータでビジネス市場分析をおこなう方法を解説しています。

ライセンス

  • Nuno Caldeira氏は、StravaおよびMapboxに対し、OSMF法人会員であるにもかかわらず帰属表示を欠いたサービスを続けていると批判し、「私たちのコミュニティに対するあなたの絶え間ない敬意の欠如に感謝します」と言っています。

ソフトウェア

  • HeiGITは、ブログで毎月公開している「ohsome Region of the Month」シリーズで、ナイロビ(ケニア)の建物がマッピングされていく様子のアニメーションを紹介しています。「ohsome Region of the Month」シリーズではohsome APIの使用事例を紹介しています。
  • raphaelmirc氏は、道路マッピングにmapwith.aiを利用しはじめました。mapwith.aiでは、OSMにマッピングされていない道路を人工知能によって検出しておくことで、マッパーはマッピングが簡単になります。

プログラミング

  • HeiGITとハイデルベルク大学のGIScienceは、OSMにマッピングされているジャカルタ(インドネシア)の道路網と医療施設のデータ品質分析の基礎となるRのコード公開しました。
  • GoogleサマーオブコードでOSM関連のテーマが4件実施されています。
  • 統計解析ソフトRでOSMデータを処理する方法をRob Grant氏が解説しています。

リリース

  • HeiGITはMapActionの協力でohsome品質分析(OQT)を更新し、バージョン0.3.0のリリースを発表しました。OQTもGitHubで公開されています。
  • Angel Cervera氏がosm4scalaのバージョン1.0.8をリリースしました。osm4scalaはPythonやScala、Rなど任意の言語でScalaまたはSparkを使ってOSMのPBFファイルを読み込むための高性能ライブラリとSparkコネクタです。詳細なドキュメントや使用例が掲載されたウェブサイトが整備されました。
  • Merkaartor 0.19.0-rc1がリリースされました。

ご存知でしたか?

  • 航空機などを追跡できるADS-B Exchange、もちろん帰属表示もバッチリです。
  • 新しいタグが必要になった時にはimagico氏のブログOSM Wikiをご覧ください。
  • TafLeVelo氏が開発したツールTemps-veloを使うと、一定時間内に自転車で移動できる範囲を表示するマップを作成できます。
  • Sarah Hoffmann氏が開発したWaymarked Trailsでは、登山道自転車道スキールートなどのコース名や標高グラフを表示することができます。

メディア掲載

  • COVID-19対応活動のため、OSMケララ(インド)は州内の病院マッピングを進めています

その他の “ジオ” な事柄

  • ウェブサイトLyon in 1700では、リヨン市の18世紀の街並みが3Dで再現されており、ストリートビューのように路地を移動したり、施設の情報を閲覧したりすることができます。
  • 米国のサイクリング推進団体PeopleForBikesは、OSMデータを分析し、米国内で最も自転車に優しい都市はバークレー市であると発表しました。

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
140. Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2021-06-15
Berlin OSM-Verkehrswende #24 (Online) osmcalpic 2021-06-15 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2021-06-15 flag
OSM US Mappy Hour osmcalpic 2021-06-17
Albuquerque MapABQ June virtual meetup osmcalpic 2021-06-19 flag
Missing Maps German Red Cross Digitaltag Mapathon osmcalpic 2021-06-18
DRK Missing Maps Mapathon – Digitaltag osmcalpic 2021-06-18
Bogotá Distrito Capital Resolver notas de Bogotá creadas en OpenStreetMap osmcalpic 2021-06-19 flag
San Jose Virtual Civic Action & Map Night osmcalpic 2021-06-25 flag
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public meeting osmcalpic 2021-06-25
XIV. kerület Pestújhely mapping party and eating some ice cream osmcalpic 2021-06-25 flag
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-06-25 flag
Dublin OpenStreetMap Ireland AGM osmcalpic 2021-06-26 flag
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-06-28 flag

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Lejun, Nordpfeil, TheSwavu, derFred, k_zoar, muramototomoya.

2 thoughts on “週刊OSM 568

Comments are closed.