週刊OSM 530

2020/09/08-2020/09/14

lead picture

OSMデータを取り扱うのに最適なツールは? 1 | © HeiGIT gGmbH

マッピング

  • Michał Brzozowski氏は、有償でマッピングされた中で優れた事例を尋ねたところ、多くの回答が寄せられました。
  • Crowd2Mapタンザニアは、農業開発研究所やドドマ大学のYouthMappers支部のためにオープン地理空間データとオープン地理空間情報ソフトウェアに関するトレーニングを実施しました。
  • 都市閉鎖中でも営業している店舗などを探せる「Ça reste ouvert」のフランス語オリジナル版は、9/30にサービスを停止します。
  • Fanfouer氏が、液体を移動させるあらゆるポンプをタグ付けするための提案を作成しました。ぜひ提案に対するコメントをお寄せください。
  • Fanfouer氏は送配電以外の目的で設置された電柱へのタグ付けman_made=utility_pole提案作成し、コメントを求めています。既存のutility=*と共に内容を見直し、コミュニティの承認を得ようと考えています。

コミュニティ

  • OSMF理事長であるAllan Mustard氏がユーザ日記を更新し、Mapillary向けに新カメラを導入したこと、OSMFがOSMエディタ開発および信頼性エンジニアの雇用に支出を決定したことを報告しています。
  • Branko Kokanovic氏が多国語対応地図を作成していることをアナウンスしました。WikidataおよびWikipediaから各言語での名称を取得して表示します。プロジェクトはGitLabで実施されており、表示サンプルも公開されています。
  • Florian Lainez氏はOSMフランスでニュースレターを発行することを検討しています。

インポート

  • 7年前に設立されたSous-surveillance.netには主にフランスとベルギーにある約20,000台の監視カメラが登録されています。これらのデータについて、2020年3月にブリュッセル(ベルギー)でOSMへのインポートテストが行われ、2020年9月には全てのデータをOSMにインポートすることができるようになりました。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMFは12/12に第14回年次総会をオンラインで開催することを発表しました。詳細は近日中にWikiページで公開される予定です。

イベント

  • 10/4にスイスにある25の城が城門を開ける、第5回全国城の日が開催されます。ウィキメディアスイスとスイスOSM協会はイベントを設定し、城跡のマッピングやウィキメディア・コモンズへの写真のアップロードを呼びかけています。

OSM人道支援

  • 災害マップ財団(ジャカルタを拠点に活動するNGO団体)が、HOTや政府機関と協力してフィリピンでの災害時に情報を集約するプラットフォームMapaKalamidad.ph設立しました
  • HOTサミット2020はオンラインでの開催が決定しました。12月4日に複数のタイムゾーンに合わせて開催されます。テーマは、「HOTの10年間:過去、現在、未来」です。現在発表募集中です。
  • Eugene Chong氏がOSMデータをSDGsの評価に活用するアイディアを提示しています。
  • Flip ScienceのレポーターMikael Angelo Francisco氏が、ナイジェリアの村々をマッピングするMissing Mapsのマッパソンに参加した際の体験を記事にしています。
  • Mikel Maron氏が「日本の台風シーズン:クライシスマッピングとOpenStreetMap」という記事を書いています。段落ごとに日本語文も書かれているので自動翻訳などを通さなくてもすぐに読むことができます。
  • トムソンロイター財団ニュースは、世界中でCOVID-19対応を支援している人道マッピングコミュニティについて紹介しています。

教育

  • Stratofortress氏が、OpenStreetMapのデータを使って、好みのスタイルで地図を作る方法を説明しています。

地図

  • Rory McCann氏がOSMのデータを使い、北米地域で最寄りの建物までの距離に応じて着色した地図を作成しました。
  • Omri Wallach氏が、三次元の人口密度世界地図を紹介しています。
  • 街中の通りのほとんどに名称を付ける文化のある地域で、名称の接尾語として「ストリート」、「ブールバール」、「アベニュー」などが使われています。 LANSINGography ではアメリカのミシガン州ランシングで接尾語の分布を分析しました。

オープンデータ

  • ジャングルバスのNoémie Lehuby氏が、GTFSオープンデータセットからOpenStreetMapの公共交通機関のルートや停留所をマッピングするための手順について説明したブログを公開しています。

ソフトウェア

  • [1] HeiGITのMarcel Reinmuth氏は、OSMのデータを使う際に利用するツールを適切に選べる決定木を紹介しています。決定木の図をPDFでダウンロードすることもできます。
  • JOSMがペルシア語でも利用できるようになりました
  • Nominatimが今年で11周年を迎えました。2009年11月11日からOSMのホームページでNominatimをメインの検索エンジンとして採用され、現在ではOSMのNominatimサーバーだけでも1日に3,000万件以上のクエリを処理しています。Nominatimの現在と将来についてはこちらをご覧下さい。

プログラミング

  • Planetダンプを生成するサーバーIronbellyをUbuntu 20.04にアップグレードしたところ、Planetダンプを生成するソフトウェアにバグがあることがわかり、Paul Norman氏が状況と対応の説明を行いました。
  • Stefa氏はJOSMのプラグイン作者全員に対して、プラグインのアイコンをSVGに変換するか、JOSMが内蔵するアイコンを利用するよう呼びかけました。

リリース

  • Fabian Kowatsch氏が、GIScienceのニュースブログでohsome API バージョン1.1の変更点と新機能を説明しています。
  • iDエディタのパッチアップデート2.18.5がリリースされました。変更を行った12人のうち、7人は新しい参加者です。

ご存知でしたか?

  • Geo Open Accessibility Tool (GOAT)を使うと、徒歩や自転車で店舗等に移動する際のアクセシビリティを評価することができます。
  • OSMユーザ日記書いてみませんか
  • 世界中の最新OSMマッピング状況は、Pascal Neis氏が開発したOSMstatsで確認することができます。
  • OSMデータを活用した自転車向けナビゲータや地図の情報がradreise-wiki.deにまとめられています。

メディア掲載

  • Gavin Schrock氏は、都市を徒歩で探索することで、車で移動している際には見えなかったいろんなものが見えるようになった経験をGeoSpatial Worldに寄稿しました。
  • Achituv Cohen氏ら(イスラエル工科大学)はOSMデータを活用した視覚障碍者向けルート検索システムを開発した成果を学術論文で発表しました。
  • スコットランド歩行者団体会長が、OSMは現在利用可能な地図の中で最も歩道のカバー率が高いと述べています

その他の “ジオ” な事柄

  • Grant Slater氏はロンドンで利用可能なRTK基地局を紹介しています。
  • 国連はボン(ドイツ)に新しい国連グローバル測地学センター(GGCE)を設置することを決定しました。
  • ソフトウェア会社Disy(ドイツ)がGISソフトCadenzaの新バージョンを発表しました。ルート検索機能やPOI検索機能が追加されました。
  • Matt Burgess氏はGoogleマップよりもプライバシーに配慮された地図アプリを紹介しています。
  • 4EI社は、地域の統計情報や土地利用などが統合されたデータの提供を始めました。データにはOSMや世界銀行などのデータが使用されています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Kabul / Online Why OSM and how to Contribute into it on Software Freedom Day 2020 2020-09-18 afghanistan
ノッティンガム Nottingham pub meetup 2020-09-22 united kingdom
ブラチスラヴァ Missing Maps Mapathon Bratislava #9 2020-09-24 slovakia
ミュンヘン TUM – Mapping Party 2020-09-24 germany
Alice HOT Working Groups 101 Community Webinar 2020-09-25 united kingdom
デュッセルドルフ Düsseldorfer OSM-Stammtisch 2020-09-25 germany
ヘルシンキ State of the Map Suomi 2020 2020-09-26 finland
Salt Lake City / Virtual OpenStreetMap Utah Map Night 2020-09-29 united states
チューリッヒ Missing Maps Mapathon Zürich 2020-09-30 switzerland
Ulm + virtuell Covid-19-Mapathon 2020-10-01 germany
サンホセ Civic Hack & Map Night 2020-10-01 united states
台北 OSM x Wikidata #21 2020-10-05 taiwan
ロンドン Missing Maps London Mapathon 2020-10-06 united kingdom
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2020-10-07 germany
ベルリン 148. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2020-10-09 germany
Alice 2020 Pista ng Mapa 2020-11-13-2020-11-27 philippines
Alice FOSS4G SotM Oceania 2020 2020-11-20 oceania

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by MichaelFS, Nordpfeil, NunoMASAzevedo, Rogehm, derFred, k_zoar, muramototomoya.

One thought on “週刊OSM 530

Comments are closed.