週刊OSM 545

2020/12/22-2020/12/28

lead picture

OpenTopoMapによる世界各国のガーミン向けOSMデータ 1 | © OpenTopoMap | map data © OpenStreetMap contributors

私たちについて

マッピング

  • 現在、次のような提案でコメントが求められています。
    • landuse=reservoirを非推奨にし、数種類の貯水池の定義をより明確にする提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
    • ゴルフ場でゴルフカートで移動するために用意された通路向けhighway=cart_path提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
    • 交通静穏化のために道路に埋め込まれた円形の隆起物にタグ付けするtraffic_calming=hillocky提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
    • 電気を貯めておく施設に対するタグ付けを標準化するための提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
    • addr:housenumber=190-196など、ハイフンで住所の範囲を表示する際の解釈方法を示すaddr:range提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
    • 水飲み場に水源の名称を追加するためのタグspring:name提案(タグ付けメーリングリストへの投稿)
  • 現在、次のような提案で投票が行われています。
    • 液体を移動させる様々なポンプへのタグ付けman_made=pump提案
    • 救助活動の拠点となる地点へのタグ付けemergency=marine_rescueなどの提案
  • 次の提案に対する投票が終了しました。
    • 様々な危険にタグ付けするhazardタグは賛成35、反対0、棄権1で承認されました
    • ワクチン接種センターへのタグ付けvaccinationは賛成25、反対0、棄権4で承認されました
  • 高原や半島など正確なエリアが描けない地物をマッピングしてよいのかAnders Torger氏が質問しています。
  • Carlos Brys氏がOSM Go!での編集方法を書いています。
  • JOSMのMapillaryプラグイン開発管理者のTaylor Smock氏は、プラグインにSmart Editsという新機能を追加しました。この新機能によって、Mapillaryで検出された地物がOSMに存在しなかった場合に、マッパーがその地物を追加できます。
  • 2020年12月にポーランドのマッパー達が処理した地図メモは2000を超えました。これはOSMに地図メモが追加されて以来最高の数です。注目すべきなのは、これらの地図メモは盲目的に解決にしたわけではなく、実際に調査されたことです。大量の地図メモを処理し、他の人にも同じように処理することを勧めたeBin氏に感謝します。日本でも多くの地図メモが残っているので、是非処理してみましょう。
  • Paul Dutronc(別名polo0000)氏は、リヨン(フランス)でマッピング済みのガラス瓶リサイクル用収集箱の正確性と完全性を分析しました。Métropole de Lyonで公開されているデータと比較したところ、OSMの方が正確な位置にあるものの、マッピングされている収集箱の数はまだ全体の33%であることがわかりました。
  • Tobias Jordan氏は、自転車でMapillary画像を撮影するために開発したカメラマウントの試作品について報告しています。
  • bdon氏が、最新のOSMデータを使ってベクトルタイルを生成するツールMap Bundles公開しました。

コミュニティ

  • 初心者マッパーのサポートに重点を置いて活動するJikka氏は、初心者マッパーにハッシュタグ#newbieを使ってもらい、サポートに役立てる方法を説明しています。

地方支部ニュース

  • FOSSGISはドイツ語圏で開催される、自由な地理情報システムとオープン地理データのイベントです。組織委員会は6/6から9にかけてオンラインで(状況が許せばラッパースウィルでハイブリッドイベントとして)開催されます。発表申し込みは2/7まで受け付けられています。
  • OpenStreetMap USの理事選候補者推薦が1/24までWikiページで行うことができます。投票資格を得るためには1/29までにOSM USの会員になる必要があります。
  • 米国OSMコミュニティが、毎月テーマを決めてマッピングする活動を始めました。1月のテーマは雪道です。スノーモービルやスキーのコースをマッピングします。

OSM人道支援

  • Oğuzhan Er氏がYer Çizenlerの状況を報告しています。Yer ÇizenlerはHOTのコミュニティ開発支援金を受けており、OSM関連ツールや既存のドキュメントにトルコ語版を充実させることや、ジェンダー平等とコミュニティの多様性を考慮しながら、ボランティア拠点のインフラを充実させることを目的としています。
  • イスタンブール(トルコ)のNGO、Yer Çizenlerはエーゲ海で発生した地震後に収集したデータとレポートをGitHubで公開しています。
  • Adhitya Dido Widyanto氏は太平洋災害センター(PDC)インドネシアが2020年に行った活動概要を報告しています。
  • Kateregga1氏は地域ハブを活用してコミュニティ活動を支援するための自身の考えを書きました

地図

  • Walter Nordmann(Wambacher)氏は病院や薬局、ワクチン接種センターを表示できる地図を作成しました。背景地図は様々なものを選択できます。
  • [1] 12/25からOpenTopoMapで、世界各国のガーミン向けOSMデータをダウンロードできるようになりました。

ソフトウェア

  • 「15分サンタ」はシアトルの住宅にプレゼントを届けるゲームです。人口の多い建物に配達するとポイントが貯まり、店舗から補給する必要もあります。Windows版、Mac版、Linux版の他オンライン版もあります。
  • Maps.Meバージョン2.0の変更による影響は大きく、Apple製デバイスで表示されるPOIが変わっていることなどから、HackerNewsのスレッドでは代替アプリなどについて議論されています。
  • TelegramはOSMでコミュニティでも広く使われているメッセージングサービスです。 TechCrunch記事によると、創設者のPavel Durov氏はサービスを維持するため、今年から収益を上げる必要があると言っているそうです。
  • WHODIDITは、サーバーのアップグレードで不具合が発生していましたが、現在は不具合が解消され、正常に稼働しています。

リリース

ご存知でしたか?

  • Adobe Flashプレイヤーは2021年1月12日で動かなくなります。そのためPotlatch2も動かなくなります。Adobe AIR上で動くPotlatch 3はMacおよびWindowsで利用可能です。Linux向けは現在開発中です。
  • 店舗など名前を持っていると思われるにも関わらずnameタグがないオブジェクトのリスト(英国内限定)をRobert氏が公開しています。
  • OSMのマッピングに利用可能な衛星写真のリストはELIにまとめられています。JOSMで読み込んでいる衛星写真リストはこちらで確認できます。
  • GEO・JAVAWAには地図上で計測する様々なツールがあります。2点間の最短距離、三角法、地平線までの範囲など17種類のツールがあります。
  • MapRouletteのブログには、MapRouletteの様々な活用方法が紹介されています。

その他の “ジオ” な事柄

  • マン島にあるキング・ウィリアムズ大学では、新年に学生にクイズを出す伝統が100年以上続いています。このクイズは非常に難しいことで知られており、今年の問題はこちらで確認できます。今年は大問3が地理の問題です。
  • エベレスト山頂の気圧は大きく変動するため、場合によってはK2よりも酸素濃度が薄い状況になることもあります。
  • GPS機能付きサイクルコンピュータBryton Rider 750のレビュー記事がeBikeNewsに掲載されました。ワイズロードにもレビュー記事があります。
  • The Guardian にオーストラリアの変わった地名を紹介する記事が掲載されました。

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
Missing Maps London Mapathon osmcalpic 2021-01-05
Landau an der Isar Virtuelles Niederbayern-Treffen osmcalpic 2021-01-05 flag
San Jose Virtual Civic Hack & Map Night osmcalpic 2021-01-08 flag
Dresden Dresdner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-01-07 flag
Bochum Bochum OSM-Stammtisch (online) osmcalpic 2021-01-07 flag
Warszawa Virtual community meeting. osmcalpic 2021-01-08 flag
Virtual meeting of the Polish OSM Association osmcalpic 2021-01-09
Zürich OSM-Treffen Zürich osmcalpic 2021-01-11 flag
München Münchner OSM-Stammtisch osmcalpic 2021-01-12 flag
Chippewa Township Michigan Online Meetup osmcalpic 2021-01-14 flag
Osborne County OpenStreetMap US Mappy Hour osmcalpic 2021-01-14 flag
Berlin 151. Berlin-Brandenburg OpenStreetMap Stammtisch (Online) osmcalpic 2021-01-14 flag
Warszawa Virtual community meeting. osmcalpic 2021-01-15 flag
Lyon Rencontre mensuelle (virtuelle) Lyon osmcalpic 2021-01-19 flag
Missing Maps DRK Online Mapathon osmcalpic 2021-01-19
135. Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2021-01-19
Berlin OSM-Verkehrswende #19 (Online) osmcalpic 2021-01-19 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2021-01-19 flag
San Jose Virtual Civic Hack & Map Night osmcalpic 2021-01-22 flag
Warszawa Virtual community meeting. osmcalpic 2021-01-22 flag

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nordpfeil, rogehm, TheSwavu, k_zoar, muramototomoya.