週刊OSM 302

04/26/2016-05/02/2016

Logo OpenStreetMap Analytics [1]を用いたデータの可視化 |OpenStreetMap Analytics

マッピング

  • エクアドル地震おける災害対応について、School of Dataプロジェクトが記事を書きました。対応状況がOpenStreetMap Analyticsなどにより可視化されていることが注目されています。
  • Pascal Neisが開発した OSM Changesetsを使うと、変更セットを検索できます。今回のアップデートで、コメントタグだけでなく、変更セットに付与されたその他のタグも検索できるようになりました
  • MapboxがDigital Globeから300万km2の衛星画像を購入しました。どのエリアが新しくなったのかSimon Pooleが質問したところ、もうすぐ明らかにするとの回答がありました。
  • 5月9,10日にサーバーメンテナンスが実施されます。OSM APIはこの期間リードオンリーとなり、OSM編集はできません。詳細はOSM wikiを確認ください。

コミュニティ

OpenStreetMap Foundation

  • 3月に開催されたOSMF運営会議の議事録が公開されました。
  • OSMF運営委員会は、メンバーシップワーキンググループを立ち上げるためにボランティアを募集しています。このワーキンググループはOSMFメンバーの選定を管理する予定です。これまではOSMF自身がメンバーを選定していました。
  • OSMFの会計を担当しているFrederik Rammが、2016年の予算を公開しました(PDF)。運営基金は2017年末には底をつく見込みであり、収入を増やす必要があります。また、もし不測の事態(サーバーの火事など)があり外部資金を受け入れざるを得ない場合、OSMFの独立性が失われる懸念があるとSimon Pooleが警告しています。
  • OSMF運営委員会は、企業会員の拡大を検討しています。検討に向けたドラフト公開されました。将来的には、参加費を上げて、大企業を対象とした会員資格の創設も検討されています。OSMFの収支は厳しい状況です。Frederik Rammは企業会員拡大に関してOSMFメーリングリストでその理由を説明しています。

イベント

  • OSMおよび周辺ツール(JOSM, Mapillary等)に関する「キューバカンファレンス」が4月25-27日に開催されました。Mapbox社からWille氏、 Fundecorga社からJulio氏、OSGeo社からMauri氏、 エクアドルのMedialabUIO-CIESPAL社からIvan氏などの参加がありました。
  • SotMブリュッセル(9月23-25日)の参加登録始まりました。参加費は、アクティブメンバー向け早期登録で75ユーロ、一般参加者は180ユーロです。スポンサー募集中

OSM人道支援

  • [1] Martin Raifer(ユーザー名tyrasd, (overpass-turbo開発者))が、HOT向け分析ツール「OSMアナリティクス」を開発しました。MartinはweeklyOSMのインタビューに対し、「マッパー以外の人も簡単に使えるツールを目指しています。」と答えました。OSMアナリティクスに資金を提供したKnight Foundationは、「ジャーナリスト、人道支援団体、学者、政府関係者などが使いやすいツールを提供することにより、OSMデータベースに求められるクオリティが明確になっていくと考えられます。」と述べています。ソースコードはGitHubで入手可能です。
  • エクアドル地震対応の最新状況
  • エクアドル地震に関連するブログ記事:
  • Pascal Neisがエクアドル地震向けマッピング結果の解析です。2300名以上のマッパーが参加し、30万個の建物が作られ、編集回数は300万に達しました。Mhairi O’Haraが現在進行中の活動についてまとめています。
  • #MappingEcuadorに関する記事です。震災被害エリアを対象に新しく地図を書き起こすために協力的戦略が必要であると述べられています。 (自動翻訳)
  • 近年の人道支援活動で、オープンソース・プロジェクトが役立った5例についてNoah D’MelloがComputerWorld誌に記事を書きました。
  • Kerstin EwaldとNoah Wintzerが「世界をデジタルで再計測する」(自動翻訳)という記事を書きました。ネパール地震の被害を記録するために、Nama Budhathokiとカトマンズ生活研(KLL)がOSMを活用した事例について述べられています。OSM初心者にとっても良質の記事となっています。
  • デジタルジャーナリズムの学生が、エクアドルのマッピングを通じて、救助活動におけるOSMの重要度を適切に評価する方法を学んでいます。(自動翻訳)

地図

  • Historic Place Mapに機能が追加されました。ルート検索、計測ツール(Netzwolf開発)、モニュメント表示レイヤーなどの実装です(自動翻訳)。また、背景をモノクロにして見やすくなりました。

switch2OSM

オープンデータ

  • WWWファウンデーションがオープンデータ・バロメーター第3版を公開しました。世界各国のオープンデータをランキング化したものです。
  • オープンデータや情報公開に関する活動家であるTom Steinbergが、civichall.orgを批判しています。政治家に対する働きかけが生ぬるいとの意見です。
  • 中南米におけるOSMの布教拡大についてJavier Carranza Tresoldiが考察しています。

ソフトウェア

  • Velociraptor(OSMベースのアンドロイドカーナビアプリ)が、現在の走行速度と制限速度を表示できるようになりました。スピード超過時に警告音を出すこともできます。
  • Mapbox社が開発したCheap rulerは、距離、面積、角度を計算するJavaScriptフリーソフトウェアです。”Cheap”という名前になっている理由は、地球の形状を楕円体として計算せずに、近似計算しているためです。

プログラミング

Releases

Software Version Release Date Comment
OsmAnd for iOS 1.2.4 2016-04-27 バグフィクス
JOSM 10161 2016-04-28 新レイヤーフィルタ、Java9対応、バグ報告方法の改良など
Mapillary for iOS 4.3.0 2016-04-28 複数カメラ対応、新タブバー、チュートリアル追加
Traccar Client Android 3.11 2016-04-28
OSRM Backend 5.0.2 2016-04-29 バグフィクス
QGIS 2.14.2 2016-04-29
Traccar Client iOS 3.0 2016-04-30 設定内容チェック機能
Grass Gis 7.0.4 2016-05-01 安定性向上
GpsMaster 0.62.97 2016-05-02 改良多数

provided by the OSM Software Watchlist

その他の “ジオ” な事柄

  • 北緯0度、東経0度の「Null島」が有名なのはOSMだけではないみたいです。
  • インドが7機目の衛星測位システムを打ち上げました。
  • CIA傘下のベンチャーキャピタルIn-Q-Telから資金供与を受けた企業のリストをintercept誌が公開しました。Mapboxもそのリストに挙がっています。CIAがMapboxのサービスを使っているんでしょうか?
  • ブログ「今週の地図」にZora Playsが取り上げられました。Michael Froehlichが娘と一緒にフィラデルフィアの遊具公園を調べ、手書きの地図を創りあげたものです。
  • グーグルマップでは、昔と比べて都市名表示数は減少し、道路表示数は増加しているようです。その傾向についてJustin O’Beirneが調査しました。

今後のイベント

Dónde Qué Fecha País
Zaragoza Mapping Party #Zaccesibilidad 06/05/2016-09/05/2016 spain
Bogotá Mapping party – Bogota: Usaquén 07/05/2016 colombia
Metro Manila Mapping Party with #MapPHL, Quiapo, Manila 07/05/2016 philippines
Landshut Landshut Stammtisch 10/05/2016 germany
Lyon Rencontre mensuelle mappeurs 10/05/2016 france
München Stammtisch München 11/05/2016 germany
Berlin 95. Berlin-Brandenburg Stammtisch 12/05/2016 germany
Dresden Stammtisch 12/05/2016 germany
Marseille Missing Maps mapathon in Marseille 13/05/2016 france
Kyoto 京都世界遺産マッピングパーティ:第13回 特別編 延暦寺(西塔、横川)(再) 14/05/2016 japan
Trentino Besenello @ library 14:00. With support of Portobeseno and the Besenello Municipality 14/05/2016 italy
Bonn Bonner Stammtisch 17/05/2016 germany
Lüneburg Mappertreffen Lüneburg 17/05/2016 germany
Geneva Missing Maps mapathon with MSF-CH 18/05/2016 switzerland
Karlsruhe Stammtisch 18/05/2016 germany
Rapperswil 7. Micro Mapping Party 20/05/2016 switzerland
Clermont-Ferrand ”’State of the Map France 2016”’ 20/05/2016-22/05/2016 france
Milano ”’State of the Map Italy 2016”’ 20/05/2016-22/05/2016 italy
Brno ”’State of the Map CZ+SK 2016”’ 21/05/2016 czech republic
Sax Sax (Alicante) – micro Mapping Party 21/05/2016 spain
Clermont-Ferrand Missing Maps mapathon at SOTM France 2016 22/05/2016 france
Toulouse Missing Maps mapathon in Toulouse 24/05/2016 france
Derby Derby 24/05/2016 united kingdom
Rapperswil Swiss PG Day 2016 24/06/2016 switzerland
Salzburg ”’FOSSGIS 2016”’ 04/07/2016-06/07/2016 austria
Salzburg AGIT 2016 06/07/2016-08/07/2016 austria
Seattle ”’State of The Map US 2016”’ 23/07/2016-25/07/2016 united states
Tokyo ”’State of The Map Japan 2016”’ 06/08/2016 japan
Bonn FOSS4G 2016 Code Sprint 20/08/2016-22/08/2016 germany
Bonn Workshops at FOSS4G 2016 22/08/2016-23/08/2016 germany
Derby Derby 23/08/2016 united kingdom
Bonn ”’FOSS4G 2016”’ 24/08/2016-26/08/2016 germany
Bonn FOSS4G 2016 Code Sprint Part II 27/08/2016-28/08/2016 germany
Brussels ”’State of the Map 2016”’ 23/09/2016-26/09/2016 belgium
Metro Manila ”’State of the Map Asia”’ 01/10/2016-02/10/2016 philippines
Rostock OSM Stammtisch Rostock 04/10/2016 germany
Berlin Hack Weekend 15/10/2016-16/10/2016 germany
Karlsruhe Hack Weekend 29/10/2016-30/10/2016 germany

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weekly was produced by Laura Barroso, Nakaner, Peda, Rogehm, derFred, mgehling, muramototomoya, wambacher.