週刊OSM 589

2021/10/26-2021/11/01

lead picture

アイルランドの形を簡素化する [1] | © HeikkiVesanto | map data © OpenStreetMap contributors

マッピングキャンペーン

  • Jinal Fofliaさんは、 フィリピンマレーシアの興味深い地図作成課題に参加者を獲得したいと、日記に書いています! 新規マッパーや経験豊富なマッパーに、MapRouletteの課題に参加して地図作成してほしいそうです。
  • (以前にお知らせした)ロシアのOSM道路データを改善するためのマッピングコンテストが終了し、結果 (ru)が発表されました。

マッピング

  • ドイツ語フォーラムで、placeタグの使い方に関する議論が再始動しました。2015年に始まったスレッドでは、ザルツブルク内のplace=villageplace=townに変更されたことで議論が始まりました。議論が再始動したあとも、明確な合意は得られていないようです。
  • 下記のタグ投票が実施されました。
    • historic=creamery:過去に乳製品を製造していた歴史的建築物。賛成多数で承認されました。
    • currency:crypto:*=yes,no:仮想通貨が支払いに使えるかを示すタグ。反対多数で否決されました。否決された理由のひとつとして、OSMの経験がない仮想通貨コミュニティからの投票が集まったことが挙げられます。
    • boundary=border_zone:国境近辺で軍事的な理由で立入りが制限されているエリア。賛成多数で承認されました。
  • 暗渠やパイプラインが地下から出てくる場所の詳細にタグを付ける outlet=* についてのユーザのfanfouerによる提案は、11月11日水曜日まで投票を受けつけています。
  • ユーザのSK53は、英国ウェールズを対象に、 natural=heath(低木)タグと植物生息地オープンデータを比較した分析をおこないました。

コミュニティ

  • ユーザのMordechai23 は、彼の故郷であるポーランドのヴロツワフやその他の場所の土地利用、建物、道、その他の物をマッピングし、マッピング前後を比較したGIFを投稿 しました。
  • Open Mapping Hub Asia PacificがFacebookグループを作りました。

インポート

  • (既報 のように)Kai Poppe氏は、ソフトウェアの更新によって古くなった mapillary タグを更新するための自動編集の準備についてWikiで概説しました。計画では、すべての mapillary タグを、古い22文字の形式からバージョン4の新しい数値IDに更新します。Wikiページは、現在の統計と今後の行動計画を追跡するために使用されます。無効な値をすべて消去しようとするMapRouletteのチャレンジ もありますが、チャレンジはクリアーされました。

OpenStreetMap Foundation

  • 理事会の要請により、OSMFの追放(ban)ポリシー はDWGによって更新され、「特定の措置が取られるまでブロックする」という新しいセクションが追加されました。これは主に既存の慣行を文書化したものですが、理事会はそのプロセスを文書化することが重要であると考えました。

地方支部ニュース

  • 現在、4月初めにアリゾナ州ツーソンで開催されるState of the Map US 2022に参加するための奨学金の申請をうけつけています。

イベント

  • HOTのHumanitarian Open Mapping Community Working Groupは、スペイン語を話す地元のOSMコミュニティの主催者、リーダー、およびメンバー(新旧を問わず)を招待し、11月8日(月)16:00 UTCに、地元のOSMコミュニティの開始と維持に関連するヒント、トリック、および課題を共有します。参加を希望する場合は 登録してください。
  • 今年のジェノバ・サイエンス・フェスティバル(イタリア) のテーマは、「地図」がキーワードでした。イタリアのOSMF支部では、コミュニティの4人のメンバーが円卓会議でOSMを含む専門的活動を発表したほか、「フリー・シアター」コンテストで勝利したメンバーが、劇場でプレゼンテーションを行ないました (it) > en 。国境なき医師団のチームによって、OSMに関する別のプレゼンテーションもありました。

地図

  • 先月ご紹介した 30日間のマップチャレンジ(#30DayMapChallenge) がいよいよ本格的にスタートしました。最初の数日間のOSMベースのマップの例を次に示します。
    • 1日目– ポイント: IamThiyakuによる ベンガルのバス停 。ジャスティン・マイヤーズ氏によるアーカンソー州ガーランド郡のすべての住所
    • 2日目– ライン: Heikko Vesantu氏が作成した アイルランドの地図に人気が集まりました。(ダグラス・ペッカーアルゴリズムを用いた単純化によって) 海岸を構成する線の数を減らしていったときの国の形がどのように変わるのかが表現されています。
  • OpenStreetMapウガンダは、古い飲料水源と、太陽光発電で水がくみ上げられる新しく設置された飲料水源を比較して、住民がどちらの水源にアクセスしやすいのかを示す地図をツイート しました。この作業はWater Compassと協力して行われました。
  • マテウス・コニエチュニ氏は、ポーランドの首都ワルシャワのGoogleマップに、OSMクレジット付きの公共交通機関のデータがあることを発見 しました。ミコワイ・クラノウスキ氏は、バスルートのトポロジのためにワルシャワ交通当局とOSMからのデータを組み合わせてフィードを作成したと説明しました。ルート表示をすると正しい著作権表示がパネルの下部に表示されます
  • Cathalasは、Spatial_Overlayで欧州のReddit城地図をレビュー して、特にOpenStreetMapのタグ付け慣行の地域的な違いを指摘しました。

ソフトウェア

  • Wille氏はOSMChaの新しいリリースを発表 しました。このバージョンは、スマートフォンやタブレットでのユーザー体験を向上させています。
  • iOSとAndroidのマップアプリ の Organic Mapsプロジェクトでは、各言語への地域化とメンテナをしてくれる翻訳者 を探しています。
  • ユーザのZverikによると、新しいOSMF Overpassサーバは、メインのOSM Webサイトにある ↖? “Query Features” ボタンによって生成されたクエリーに応答する専用のサーバ (ru) > enなのだそうです。

プログラミング

  • デジタルアーティストのJeongHo Park氏は、Twitter上でOpenStreetMapのデータを実験的に視覚化 しました。
  • 最近Engineering Working Groupに加わったBrandon Liu氏は、OSMが常にUnicodeを使用しているとは考えてはいけない理由 を説明しました。

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • Atomos 誌では、Ruth Hopkinsが北アメリカの先住民の地形名を復元しようとする動きを調査 しました。Uldis Balodis氏はTwitterで、これは他の地域、特にLivonian 語の地名の収集に関与しているバルト海諸国に共鳴 したものだ、と指摘しました。
  • Chronoscope Worldでヒストリカル マップを閲覧できます。
  • 今週ポルトガルで2件の異常なナビゲーションエラーが報告されました。1件では、車の運転手がポルトガルのマデイラ地方議会の隣の階段立ち往生 (pt) > enしました。明らかに、運転手は車のGPSナビに裏切られたようです。
  • 2番目のケースでは、ドライバーがD. Luís I Bridge橋をわたって (pt) > en地下鉄のトンネル (TomTom)に突入しました。記事では、運転手(46歳)がその地域に不慣れなこと、車両のGPSナビが彼を地上のメトロ専用レーンに誘導したことが原因として挙げられています。この2台の車両で使われているナビゲーション・システムは、ルノーブランドの車両に搭載されているTomTomのシステムだそうです。

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
Черкаси Open Mapathon: Digital Cherkasy osmcalpic 2021-10-24 – 2021-11-20 ua
Crowd2Map Tanzania is 6! Join our party mapathon to learn more about our work.. osmcalpic 2021-11-07
Cuiabá Construcción de comunidad local en OSM: Consejos, trucos y desafíos osmcalpic 2021-11-08 flag
臺北市 OSM x Wikidata Taipei #34 osmcalpic 2021-11-08 flag
Toronto OpenStreetMap Enthusiasts Meeting osmcalpic 2021-11-09
Missing Maps Artsen Zonder Grenzen Mapathon osmcalpic 2021-11-09
Hamburg Hamburger Mappertreffen osmcalpic 2021-11-09 flag
Zürich OSM-Treffen Zürich osmcalpic 2021-11-11 flag
Berlin 161. Berlin-Brandenburg OpenStreetMap Stammtisch osmcalpic 2021-11-11 flag
FOSS4G State of the Map Oceania 2021 osmcalpic 2021-11-12
Missing Maps MonarchMappers Fall 2021 Mapathon osmcalpic 2021-11-13
Bogotá Distrito Capital Resolvamos notas de Colombia creadas en OpenStreetMap osmcalpic 2021-11-13 flag
Geography 2050 Symposium – Mapathon for an Equitable Future osmcalpic 2021-11-13
Crowd2Map Tanzania GeoWeek Human Right’s Day FGM Mapathon osmcalpic 2021-11-15
UP Tacloban YouthMappers: MAPA-Bulig, Guiding the Youth to Community Mapping osmcalpic 2021-11-15
Grenoble OSM Grenoble Atelier OpenStreetMap osmcalpic 2021-11-15 flag
OSMF Engineering Working Group meeting osmcalpic 2021-11-15
Missing Maps PDX GIS Day Mapathon osmcalpic 2021-11-16
Lyon Lyon : Réunion osmcalpic 2021-11-16 flag
Bonn 145. Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2021-11-16 flag
Berlin OSM-Verkehrswende #29 (Online) osmcalpic 2021-11-16 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2021-11-16 flag
Missing Maps Arcadis GIS Day Mapathon osmcalpic 2021-11-17
Missing Maps WMU GIS Day Mapathon osmcalpic 2021-11-17
Köln OSM-Stammtisch Köln osmcalpic 2021-11-17 flag
Zürich Missing Maps Zürich November Mapathon osmcalpic 2021-11-17 flag
Chambéry Missing Maps CartONG Tour de France des Mapathons – Chambéry osmcalpic 2021-11-18 flag
MSF Global Mapathon osmcalpic 2021-11-19
State of the Map Africa 2021 osmcalpic 2021-11-19 – 2021-11-21
Lyon EPN des Rancy : Technique de cartographie et d’édition osmcalpic 2021-11-20 flag
HOT Summit 2021 osmcalpic 2021-11-22
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-11-22 flag
Derby East Midlands OSM Pub Meet-up : Derby osmcalpic 2021-11-23 flag
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-11-24 flag
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public videomeeting osmcalpic 2021-11-26
Brno November Brno Missing maps mapathon at Department of Geography osmcalpic 2021-11-26 flag
Amsterdam OSM Nederland maandelijkse bijeenkomst (online) osmcalpic 2021-11-27 flag
長岡京市 京都!街歩き!マッピングパーティ:第27回 元伊勢三社 osmcalpic 2021-11-27 flag
HOTOSM Training Webinar Series: Beginner JOSM osmcalpic 2021-11-27

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by SK53, Strubbl, TheSwavu, derFred, miurahr, muramototomoya.

One thought on “週刊OSM 589

Comments are closed.