週刊OSM 572

2021/06/29-2021/07/05

lead picture

位置情報付き画像を地図上に表示できるLinux向けソフトウェア KGeoTag [1] | © Tobias Leupold – KDE.org | map data © OpenStreetMap contributors

マッピング

  • ポーランドのコミュニティでは、都市部における夜間の速度制限が法律で50km/hに制限されたことをうけて、自動編集を行う提案がされました。
  • 電柱(man_made=utility_pole)の用途を指定するタグutility=*に、通信ケーブル用途などの値を追加する提案で投票が実施され、賛成多数で可決されました。

コミュニティ

  • DeBigC氏は、アイルランド国内でStreetCompleteを使って行われた、5年間の編集をまとめています。10人のマッパーで80%の編集が実施されていました。
  • laznik氏は、無償で編集を行っているコミュニティマッパーが、有償でマッピングを行うマッパーを雇用している企業に対して、活動対価を請求することを提案し、多くのコメントを受け取っています。活動量を測定するためのRovasJOSMプラグインについても説明しています。
  • OSMベルギーの選ぶ「今月のマッパー」はベルギーのs8evq氏です。国内の自然歩道マッピングなどをおこなっています。

インポート

  • Michael氏は、ガンゲルト(ドイツ)市内に約1000ある消火栓データをインポートする提案をしています。
  • セルビアでは、郵便局からデータ使用許可をもらい、1500箇所の郵便局データをインポートおよび更新する計画です。
  • qeef氏は、タンガ市(タンザニア)の建物データインポートを念頭に、damnツール(Tasking managerのようにエリアを管理して共同マッピングを支援するツール)でインポート作業をおこなう手順を検討しています。

イベント

  • FOSS4G TOKAI 2021が8月28日にオンラインで開催されます。現在、発表者と参加者の申し込みが行われています。
  • GeomobポッドキャストではGregory Marler氏(SotM運営委員)にSotM開催に関するインタビューが行われました。

OSM research

  • Elise Desjardins氏らは、Robinlovelace氏開発したcyclestreets R package使って、ハミルトン(カナダ)での自転車の実際の交通経路と、最短で最も静かな経路を比較し、どのような相関があるかについて論文を作成しました。

地図

  • ホーンジー消防署(ロンドン)では、木に登って下りられなくなった猫の救助を13件(2009年~)実施しました。quitegrey氏は、消防署から猫までの最適な経路をOSMにマッピングしています。
  • OSM運営チームは、表示される頻度の高いタイルがわかるログ情報についてツイートしました。マッピングに力を入れる地域の決定や、地図タイルを利用する際にレンダリング済みのタイルを用意することを検討するために使えます。
  • スキーコースを詳しく表示するOpenSnowMap(yvecai氏開発)で木(natural=tree)が表示されるようになりました。

ソフトウェア

  • [1] KGeoTagは画像ファイルの位置情報を使って地図上に画像を表示する新しいソフトウェアです。KGeoTagを使うと写真の撮影された正確な場所を確認したり、同じ場所で撮影された写真を探し出したりすることができます。
  • Tobias Zwick氏は、StreetCompleteで出されるクエストから、データ品質分析のために選ばれたクエストの完了率を表示するウェブツールStreetCompletenessを作成しました。

プログラミング

  • Lonvia氏は、Nominatimで英語のSt.(StreetとSaintの略語)などの略語を処理する方法の概要を説明しています。

ご存知でしたか?

  • 世界中の稲光を表示するwww.lightningmaps.orgは背景図にOSMを使っています。
  • OpenCageが、サービスなどについてよく受ける質問の解説をまとめているgeothreads。特にノルウェイイタリアでのgeowierdnessに関するものがあります。
  • @OSMstatsは世界のOSM統計についてツイートしています。また、日本では山下氏の管理・運営する@osmjp_statsによって、編集数・編集者統計がツイートされています。

メディア掲載

  • ガーディアン紙のAlex Hern氏は、OSMFが英国からEUへの移転を模索していることについてレポートしています。
  • ポーランドのIT情報サイト PC Format ではOSMFが英国からEUに移転することを解説しています。ポーランドに移転する可能性も否定はできません。

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
OSM Africa Monthly Mapathon: Map Nigeria osmcalpic 2021-07-02 – 2021-08-02
State of the Map 2021 osmcalpic 2021-07-09 – 2021-07-11
Saint-Louis Geomatica Mapathon: Réserve de Guembeul osmcalpic 2021-07-10 – 2021-07-11 sn
Missing Maps Online Mapathon osmcalpic 2021-07-12
Hamburg Hamburger Mappertreffen osmcalpic 2021-07-13 flag
OSM US Mappy Hour osmcalpic 2021-07-15
Albuquerque MapABQ July virtual meetup osmcalpic 2021-07-16 flag
Missing Maps MSF-USA Virtual July Mapathon osmcalpic 2021-07-16
Bogotá Distrito Capital Resolver notas de Bogotá creadas en OpenStreetMap osmcalpic 2021-07-17 flag
Derby East Midlands OSM Pub Meet-up : Derby osmcalpic 2021-07-20 flag
Bonn 141. Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2021-07-20 flag
Berlin OSM-Verkehrswende #25 (Online) osmcalpic 2021-07-20 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen osmcalpic 2021-07-20 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2021-07-20 flag
Berlin Missing Maps Ärzte ohne Grenzen Mapathon osmcalpic 2021-07-21 flag
Virtueel treffen OpenStreetMap NL osmcalpic 2021-07-24
Bogotá Distrito Capital Resolver notas de Bogotá creadas en OpenStreetMap osmcalpic 2021-07-24 flag
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2021-07-26 flag
Ville de Bruxelles – Stad Brussel Virtual OpenStreetMap Belgium meeting osmcalpic 2021-07-27 flag
Aubière Rencontre OpenStreetMap Clermont osmcalpic 2021-07-28 flag
Zürich Missing Maps Zürich Mapathon osmcalpic 2021-07-28 flag
Düsseldorf Düsseldorfer OSM-Treffen (online) osmcalpic 2021-07-28 flag
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public meeting osmcalpic 2021-07-30
臺北市 COSCUP 2021 OpenStreetMap x Wikidata 開放內容議程軌 (CfP) osmcalpic 2021-07-31 – 2021-08-01 flag

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Lejun, derFred, k_zoar, muramototomoya.

2 thoughts on “週刊OSM 572

Comments are closed.