週刊OSM 477

2019/09/03-2019/09/09

    lead picture

    Development Seed社が開発したチームマッピングサービス 1 | © kamicut, Development Seed

私たちについて

  • 先週、OSMF理事会の理事改選についてお伝えしました。先週挙げた3人の他にHeather Leson氏が任期前に退任するため、4人の理事が選ばれることになります。

マッピング

  • OSMギニアが違法ゴミ集積所のデータ収集についてアナウンスしています。集めたデータはuMapに写真付きで掲載されています。
  • Ruben氏は予約が必要な施設をタグ付けできるようopening_hours拡張提案しています。
  • Jeremiah Rose氏はSimple Indoor Taggingでマッピングされた建物内の通路へのタグ付けfootway=indoor提案していますが、highway=corridorとの違いは説明されていません。
  • Appleマップチームはアフリカ大陸にあるいくつかの国で、OSMの道路データが持つ経路計算についての問題をMapRouletteにアップロードしました。
  • SK53氏は、英国内でイベント広場のタグがバラバラであることを示し、タグの統一に挑戦しています。
  • センターラインがない道路のレーン数に関してドイツ語フォーラムで議論されています。 Zeit Online 紙の記事によると、センターラインがペイントされていなくても複数レーンがあるとみなされる場合があるそうです。
  • Lyft(ライドシェア、オンデマンドタクシー会社)が、OSMデータのエラー検出と修正に関する取り組みについて解説記事を書きました。
  • マイアミ大学の学生と地理情報システムの専門家達はハリケーン「ドリアン」の被害を受けたバハマを支援するために「バハマ マッパソン」を開始しました。

コミュニティ

  • アイルランドのOSMコミュニティが、アイルランド共和国と北アイルランド(英国)を一体としたOSM地方支部を申請しました。この国をまたいだ申請に対し、好意的な意見が多いですが、反対意見もあります。

インポート

  • Brian M. Sperlongano 氏はハワイ州オアフ島の国勢調査指定地域(CDP)で使われている行政界をインポートしたいと考えています。しかし、CDPのデータはboundary=administrativeの枠組みとは異なるため、タグ付けに問題が残ります。
  • SotM US 2019でFacebook社がRapiDエディタで建物を検出するデモを実施しました。

OpenStreetMap Foundation

  • Nuno Caldeira氏はFacebookの地図表示に地図の問題を報告するための機能が追加されたことに気づきました。しかしそこで報告してもOSMの地図メモが作成されるわけではなかったようです。彼は1年前にFacebookの誤った帰属表示を報告したり、3ヶ月前にはOSMFに対してFacebook社に帰属表示を修正するよう説得して欲しいと言ったりしています。
  • OSMFの商標「OpenStreetMap」の利用方針は以前としてメーリングリストで議論されています。誰もが現在のものに満足しているわけではないようです。
  • Michael Reichert氏はOpenStreetMap Foundationの会員になることの意義を説明し、マッパーに入会を勧めています。(自動翻訳)

イベント

  • 今年のState of the Mapのチケットは9/6に完売になりました。現地で参加できない場合でもライブストリーミングや録画を見ることができます。詳しくはプログラムをご覧ください。
  • フランクフルトで鉄道をテーマにしたマッピングパーティー実施されました。
  • FOSS4Gオセアニアが来年のイベントの開催地を探しています。
  • アフリカのフランス語圏国向けに、OSMリーダー養成ワークショップが開催されました
  • ラッパースヴィール大学(スイス)が来年のSotM開催地に立候補しました。
  • ドイツのオープンソースジオソフトウェアとOpenStreetMapの年次カンファレンスFOSSGIS 2020は2020年3月11日から14日にかけてフライブルクで開催されます。例年、最終日が土曜日に設定され、その日はOSM向けのプログラムとなります。
  • Missing Mapsは9/24にブリュッセルの国境なき医師団の事務所でマッパソンを開催します。
  • Ilya Zverev氏によるSotM USのレポートです(初日二日目最終日)。

教育

  • 人道支援や開発団体向けのマッピングサービスなどを提供するフランスのNGO、CartONGがシャンベリーで働けるデータベーススペシャリストを募集しています。

switch2OSM

  • Severin Kann氏は、ポーランドのクラクフトラムでリアルタイム位置情報がOpenStreetMap上に表示されるとツイートしています。

ソフトウェア

  • [1] Development Seed社が、マッピングを複数人で調整しコミュニティを形成するための mapping.team サービスを立ち上げました。現在はベータ版の利用が可能です。また、ソースコードがGitHubで公開されているので、開発に協力することも可能です。
  • Android用OSM編集アプリVespucciの、次期バージョンの新機能をSimon Poole氏が紹介しています。ベータ版は9月に公開予定です。

リリース

  • オフライン地図アプリOsmAndのiOS版バージョン3が公開されました。このバージョンでは、ホーム画面へのクイックアクション機能、コンテクストメニューからの地図ダウンロード機能、OSM編集画面でのタグ説明などが追加されました。

ご存知でしたか?

  • OSM-Scienceメーリングリストでは学術的な側面から研究テーマや現地調査などが議論されています。
  • ガスを燃料とする自動車には、天然ガス(fuel:cng)自動車とLPG(fuel:lpg)自動車があります。両者に互換性はありませんので、区別してタグ付けするようにしましょう。

メディア掲載

  • OSGeoLiveはLinuxディストリビューションのひとつで、GIS関連のソフトウェアがあらかじめインストールされています。LinuxInsider誌にOSGeoLive最新版に関する記事が掲載されました。

その他の “ジオ” な事柄

  • maptiler社のブログにブカレストで開催されたFOSS4G 2019の参加レポートが掲載されました。
  • Mapbox社のブログに、同社のツールを使って進められているプロジェクトが15個紹介されています。
  • The Pudding誌に、その地域を代表する人物をWikipediaから解析して地図上に表示した米国地図が掲載されています。英国版もあります。
  • Googleマップのルート検索機能にライドシェアでの移動オプションが表示されるようになりました。
  • 北米測地基準NAD1983は最高峰の測量技術でしたが、人工衛星測地法による革命で一変してしまいました。2022年にはNAD83は新基準であるNATRF2022に切り替えられます。また1フィートの長さが米国測量フィートから国際フィートに切り替えられることも影響して、座標が最大で4mずれる場所もあるとのことです。
  • ポケモンGOニュースサイトSilph Roadに、ポケモンが発生しなくなるOSMタグを紹介する記事が掲載されました。もちろん、ポケモンが発生しなくなるような処理をしているのは運営元のNiantic社であり、OSMとは関係ありません。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    ヴッパータール OSM-Treffen Wuppertaler Stammtisch im Hutmacher 18 Uhr 2019-09-11 germany
    レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2019-09-12 austria
    ミュンヘン Münchner Stammtisch 2019-09-12 germany
    ベルリン 135. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-09-12 germany
    サンホセ Civic Hack Night & Map Night 2019-09-12 united states
    ブダペスト OSM Hungary Meetup reboot 2019-09-16 hungary
    ブラチスラヴァ Missing Maps mapathon Bratislava #7 2019-09-16 slovakia
    Habay Rencontre des contributeurs du Pays d’Arlon 2019-09-16 belgium
    ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2019-09-17 germany
    リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2019-09-17 germany
    Reading Reading Missing Maps Mapathon 2019-09-17 united kingdom
    ザルツブルク Maptime Salzburg Mapathon 2019-09-18 austria
    エディンバラ FOSS4GUK 2019 2019-09-18-2019-09-21 united kingdom
    ハイデルベルク Erasmus+ EuYoutH OSM Meeting 2019-09-18-2019-09-23 germany
    ハイデルベルク HOT Summit 2019 2019-09-19-2019-09-20 germany
    ハイデルベルク State of the Map 2019 [1] 2019-09-21-2019-09-23 germany
    ナント Journées européennes du patrimoine 2019-09-21 france
    ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-09-23 germany
    ノッティンガム Nottingham pub meetup 2019-09-24 united kingdom
    マンハイム Mannheimer Mapathons 2019-09-25 germany
    リューベック Lübecker Mappertreffen 2019-09-26 germany
    デュッセルドルフ Stammtisch 2019-09-27 germany
    ドルトムント Mappertreffen 2019-09-27 germany
    名古屋 第2回まちマップ道場-伊勢湾台風被災地を訪ねる- 2019-09-28 japan
    ストラスブール Rencontre périodique de Strasbourg 2019-09-28 france
    亀岡市 京都!街歩き!マッピングパーティ:第12回 穴太寺(あなおじ) 2019-09-29 japan
    ロンドン London Missing Maps Mapathon 2019-10-01 united kingdom
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2019-10-02 germany
    ブルノ State of the Map CZ+SK 2019 2019-10-02-2019-10-03 czech republic
    プリズレン State of the Map Southeast Europe 2019-10-25-2019-10-27 kosovo
    ダッカ State of the Map Asia 2019 2019-11-01-2019-11-02 bangladesh
    ウェリントン FOSS4G SotM Oceania 2019 2019-11-12-2019-11-15 new zealand
    グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Rogehm, SunCobalt, TheSwavu, derFred, geologist, k_zoar, muramototomoya.

One thought on “週刊OSM 477

  1. Peter says:

    I find it really awkward that Mapbox does not attribute OpenStreetMap at all. Not in the post. Not in the video. Not on the maps. How hard can it be? Maybe their employees just do not know? Would this make it better?

Comments are closed.