週刊OSM 486

2019/11/05-2019/11/11

lead picture

1か月の編集数が1億回に 1 | © Simon Poole – Map data © OpenStreetMap contributors

マッピング

  • Steve Coast氏はトークメーリングリストで、OSMの住所データについて関心がある人々でワーキンググループを作ってはどうかと提案し、住所データに関する品質保証ツールのプロトタイプを紹介しています。この投稿への返信では、OSMには既に住所データの登録を支援するツールが豊富にあることが指摘されています。
  • Jan Michel氏は、ますます普及する電動自転車や電動スクーターなどに対応できるようアクセスタグやアメニティタグに新しい値を提案しました。彼はこの提案へのフィードバックを求めています。
  • John Willis氏は非常に大きな治水システムへのタグ付け議論の中で、日本の堤防と遊水池を紹介しています。
  • Neena2309氏はMapRouletteを使ってインド国内での医療施設の情報を改善する方法を書いています。
  • Kreuzschnabel氏はロンドンの道路が大きく移動してしまっていることを偶然発見し、すぐに元に戻しました。フォーラムのQ&Aでは原因について様々な意見が出ています。その中で、ロンドンの道路と同じIDを持ったファイルがオスロで編集されたのではないかというRichard Fairhurst氏の意見も紹介されています。

コミュニティ

  • iDエディタはGithubで要望やコメントを挙げることができます。店舗ブランドロゴのファイルをFacebookからリンクするのを止めるように要望するイシューが議論されていたところ、管理者は対応にもう疲れたとしてすべてのコメント機能を閉じてしまいました。現在は再度コメントできるようになっています。
  • OSMF役員の一人であるFrederik Ramm氏が、iDエディタ開発とOSMとの「酷い」関係を終わらせるときであると主張する記事を投稿しました。iDエディタ開発チームはOSMコミュニティが望む機能を実装するのではなく、開発者自身が望む機能だけを実装していると述べられています。Ramm氏は、現在osm.orgからリンクされているiDエディタを、Frédéric Rodrigo氏がフォークしたバージョンに置き換えることを提案しています。コメント欄でも様々な議論が続いています。
  • 1か月あたりの編集数が安定して1億回を超えるようになりました。その他さまざまな統計資料はwikiページをご覧ください。
  • TZorn氏がSurface ProのタブレットモードでJOSMを使った時の使用感を書いています。
  • OSM関連のイベントを簡単に投稿できて、サイトに登録されているイベントを自分のカレンダーに登録できるようにするOpenStreetMapカレンダーがリリースされました。RSSフィードから情報を取得することもできます。ウェブサイト上でもRSSでも、自分の選んだ地域だけのイベント情報を受け取ることができます。
  • Valeriy Trubin氏は引き続きロシアのマッパーへのインタビューを行い、記事を公開しています。Sergei Sinitsyn氏は印象深い出来事とOSMがどのように関連していたのかについて語り、Artem Svetlov氏はMapillaryの全天球画像撮影とOSMデータの利用方法を説明しています。

インポート

  • コソボの行政境界および住所をインポートすることをGuillaume Rischard氏がアナウンスしました。データは地元のマッパーが自治体から入手したものです。
  • Neena2309氏はインドの病院情報オープンデータがOSMで使えるかどうかを尋ねています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMFの財務部長を務めるFrederik Ramm氏は、OSMF理事会がDorothea氏とフルタイム契約を交わす検討をしていることを発表しました。Dorothea氏はOSMFの運営サポートをしており、OSMFで唯一有給で働いています。
  • 次のOSMF理事会は11/20の19:00(ロンドンでの時刻)に開催されます。VoIPソフトMumbleを使った公開会議で誰でも参加できます。興味深い議題が盛り込まれています。
  • Frederik Ramm氏は年次総会で行われるOSMF理事選挙には「ニュービー」な候補者への投票を検討するよう呼びかけています。
  • State of the Mapワーキンググループは作業を手伝ってくれるボランティアメンバーを募集しています。メンバー募集のブログ記事には大まかな流れと作業の一覧が書かれています。

イベント

  • フリー・オープンソースソフトウェアのイベントFOSDEM 2020はブリュッセル(ベルギー)で2020年2月1日と2日に開催されます。Ilya Zverev氏はこのイベントへの参加と、論文募集への応募を呼びかけています。
  • Pedja氏はセルビアで初めて開催されるOSMミートアップに多くの人が参加して欲しいと考えています。このイベントは12/7にベオグラードでの開催されます。

OSM人道支援

  • インペリアル・カレッジ・ロンドンの学生がマッパソンを開催し、バンガスー市(中央アフリカ共和国)をマッピングしました。この地域はまだGoogleマップのデータも十分ではありません。

教育

  • ISPRS地理情報国際ジャーナルでOSM特集号の論文を募集中です。締め切りは2020年3月31日です。

地図

  • Frank Schmirler氏は灯台などの航路標識を表示する地図ドイツ語スペイン語を切り替えるメニューを追加しました。この地図を見てまだ海が暗いと感じた方はぜひ航路標識のマッピングをお願いします。

switch2OSM

  • OSMで駐車場の通路を追加したところ、テスラの自動運転システムが示すルートが改善したという報告は、様々な反応と議論を呼び起こしました。

オープンデータ

  • ロンドン高等裁判所で、オープンデータの利用に関する裁判が行われました。新興企業77mは様々なオープンデータを使って自社製品の住所ポリゴンを作成したところ、英国陸地測量部により訴えられました。77m社は敗訴しましたが、英国陸地測量部側の問題点も判決では指摘されています。この判決については、Jeni Tennison氏(オープンデータ研究所ODIのCEO)やOwen Boswarva氏(オープンデータ有識者)などもコメントしています。

ソフトウェア

  • Osmose APIが提供するデータ形式が変更された事に伴い、スマートフォン向けOSMエディタVespucciがクラッシュする可能性があると開発者のSimon Poole氏が注意を呼びかけています。クラッシュを防ぐための応急処置が行われましたが、本格的に対応するにはしばらく時間がかかるそうです。問題が修正されるまでOsmoseによるダウンロードを無効にする必要があります。設定はレイヤー構成か古いバージョンの詳細設定の中にあります。

プログラミング

  • Gravitystorm氏はHeroku上でOpenStreetMapのウェブサイトを動作させるためにかなりの時間を費やしました。この方法ではほぼ無料で動作するため、セットアップを試してみたい人にはうってつけの記事です。
  • akashihi氏は、OSRMでembedded_rails=*(路面電車などの線路が埋め込まれた道路へのタグ付け)に対応するためのプルリクエストを送りました。

リリース

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • ニューヨークにまた新しい名所が誕生します。超高層ビル30 ハドソン・ヤード「エッジ」と呼ばれるニューヨークで5番目に高い展望台は、地上から約335mの位置にありガラスの床になっています。F4マップではOSMにマッピングされたニューヨークの眺望を楽しむことができます。OSMではまだこの展望台はマッピングされていません
  • Morten Lind氏はデンマークで最後に住所が割り当てられたクリスチャンソについてツイートしています。クリスチャンソエルソルメネの軍事要塞で特別な事情があったそうです。
  • GoogleはGoogle Earth Engineのライセンスを地球観測グループ GEO のメンバー向けに無料提供するプログラムを始めました
  • ミュンヘン連邦工科大学の研究チームは、Androidスマホとチョークリングアンテナを使い、1-2cmの精度で位置を計測することに成功しました。
  • 米国運輸安全局は、オンライン地図に鉄道踏切を表示するよう事業者に再度要請しました。踏切での交通事故死は多く、運転手の踏切への認識不足が原因のひとつと考えられています。
  • 海面上昇に関する記事がニューヨークタイムズ紙に掲載されました。記事によると、現在においても1.1億人が海抜ゼロメートル地域に居住していますが、2050年にはさらに1.5億人が加わり、ベトナムはほぼ全域が海に沈む可能性があるとのことです。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Niš Missing Maps Mapathon Niš #1 2019-11-16 serbia
イスタンブール Yer Çizenler 2019-11-16 turkey
ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2019-11-19 germany
Reading Reading Missing Maps Mapathon 2019-11-19 united kingdom
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2019-11-19 germany
ダービー Derby pub meetup 2019-11-19 united kingdom
ランシング Meetup at Kelly’s 2019-11-19 united states
Prešov Missing Maps Mapathon Prešov #4 2019-11-21 slovakia
グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast
イズミル Yer Çizenler Mapathon with HKMO-Izmir 2019-11-23 turkey
イズミル Yer Çizenler 2019-11-24 turkey
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-11-25 germany
ソルトレイクシティ OSM Utah Mapping Night 2019-11-26 united states
Rémire-Montjoly Réunion mensuelle OSM Guyane 2019-11-26 france
チューリッヒ Missing Maps Mapathon Zürich 2019-11-27 switzerland
デュッセルドルフ Stammtisch 2019-11-27 germany
Singen Stammtisch Bodensee 2019-11-27 germany
キルケニー Kilkenny Mapping Event 2019-11-30 ireland
ナント Participation à « Nantes en sciences » 2019-11-30 france
イヴレーア Incontro Mensile 2019-11-30 italy
ロンドン Missing Maps London 2019-12-03 united kingdom
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2019-12-04 germany
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2019-12-04 germany
ボーフム Mappertreffen 2019-12-05 germany
サンホセ Civic Hack & Map Night 2019-12-05 united states
Ulmer Alb Stammtisch Ulmer Alb 2019-12-05 germany
ドルトムント Mappertreffen 2019-12-06 germany
ベオグラード OSM Serbia Meetup 2019-12-07 serbia
AoA and other changes Voting on OSMF board elections 2019-12-07-2019-12-14 world
ケープタウン State of the Map 2020 2020-07-03-2020-07-05 south africa

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SK53, Silka123, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

3 thoughts on “週刊OSM 486

  1. Mike Nice says:

    Hi, thanks for your article about Railway crossings.

    “As an aside, the OSM Weekly team wondered how many were mapped on OSM: about 100,000, of which 5,000 lack railway=level_crossing.”

    Were these counted by grouping nearby crossings together? A raw number of crossings in the US was over 200,000 the last time I looked at raw numbers . Thanks,

  2. Simon says:

    Dorothea is not the only person working for the OSMF, we’ve had an external accountant for the last 7 years or so.

Comments are closed.