週刊OSM 599

2022/01/04-2022/01/10

lead picture

OSMエディタのシェア変遷 [1] | © plot by User:Nop

私たちについて

  • weeklyOSMと編集チームは10年以上にわたり発展し続けていますが、変化する可能性もあります。
    • 新たな支援を得ることができ、weeklyOSMは第595号からZH-TW(繁体字中国語)だけでなく、ZH-CN(簡体字中国語)でも利用可能となりました。
    • 一方で、PT-BRの前号は、母国語のサポートが不足するために品質を確保できなくなったことから、発行されなくなりました。編集チームでこの稼動不足を解消してくれる人が再び見つかるまで、PT-PT版の暫定的な使用をお願いします。

マッピングキャンペーン

  • 先週の記事で、人道支援マッピングの後のデータ検証が不十分であることをJohnwhelan氏が指摘した記事を紹介しました。タスキングマネージャdamnを運営しているqeef氏は、JOSMのdamnプラグインを使ってデータ検証するやり方を説明しています。
  • Christoffs氏はポーランドのAEDマップ作成しました。
  • Enock Seth Nyamador氏はガーナで道路のsmoothnessタグを追加するプロジェクトを計画していることをアナウンスしました。
  • ペルーで発生した大規模な石油流出に対応するため、ペルーのOSMコミュニティは、影響を受けた地域での医療支援を目的とした2つのマッピングタスクをたちあげました。
    • #4 石油流出の影響を受けたWachapea、パクン、Umukai、ナザレのコミュニティにおける建物 (es) > jaのマッピング。
    • #7 Wachapea、パクン、Umukai、ナザレのコミュニティへのアクセス道路 (es) > jaマッピング。
  • UNGSC-DTLM-Ale_Zenaは、国連マッパーズ・プロジェクトのために活動してマッピングしています。HOTタスクマネージャのプロジェクトに参加した初心者が追加した、非常に密集した地域の建物の質の悪さについて、「モガディシオにまた一つの混乱」を引き起こしていると、アレッサンドロはブログに不満を表明しました

マッピング

コミュニティ

  • Gigi Meikle氏は、マダガスカルにおける出産等の医療アクセスを向上するため、小規模の居住区や雨季に通行が不可能となる道路をマッピングするプロジェクトを進めています
  • 南スーダンでOSM活動をおこなっているRonald Lomora氏へのインタビュー記事がOpenCageブログに掲載されました。
  • OSMF役員であるAmanda氏が12月の活動をまとめました。
  • ブラジルのサンフランシスコ川の流域および氾濫原のマッピングプロジェクトが進められています
  • SimonPooleは、 wikiに、ユーザ統計レポートをまとめました
  • Thomas Straupis氏は国際地図学会議ICC2021に参加した感想を述べています。データソースにOSMを使用している例はあったものの、データ管理が不十分であり地図製作の中心には位置づけられることはなく、解決のためには専門家による承認プロセスを導入することが必要と主張しています。

OpenStreetMap Foundation

  • Microsoftは、最新のFOSSファンドアワードで、OpenStreetMapに10,000ドルを贈り ました。

イベント

  • ドイツで開催されるFOSSGIS 2022の発表リストが公開されました。

ソフトウェア

  • GraphHopper Maps for Androidは現在、GraphHopper Mapsのナビブランチのキャパシターラッパーであり、車、自転車、徒歩の案内をする行き先のナビゲーションを提供しています。進路変更ごとのナビゲーション機能には(ブラウザで起こる)多くの既知の制限があります。
  • lubosb氏は、スロバキアに観光で来る際には、freemap.skで事前検討し、現地ではOsmAndを使うことをお勧めしています。
  • マニュエル・ライマーは、訪問するすべてのウェブサイトでGoogle、Bing、Hereのオンライン地図をOpenStreetMapタイルに置き換える、OSM Everywhereと呼ばれるFirefoxのアドオンを発表 (de) > ja しました。
  • Victor Shcherb氏は、OsmAndに今年搭載する予定の新機能をまとめました。
  • SomeoneElse氏は、英国の河川水位データを使用して、浸水する可能性がある道路を抽出するプログラム作成しました。
  • wowirleben.deは、指定した道路の周辺にある施設を検索することができるウェブサービスです。現在のところドイツのみ対応しています。

ご存知でしたか?

  • “3D Demo Areas”には、様々なサービスで建物を3D表示したリンクが集められています。

その他の “ジオ” な事柄

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
北京市 公共交通绘制问题集中交流会/Public Transport Mapping in China – Meetup1 osmcalpic 2022-01-16 – 2022-01-17 flag
Hilversum OSGeo.nl/OSM-NL/QGIS-NL Nieuwjaars Borrel osmcalpic 2022-01-16 flag
Lyon Rencontre mensuelle Lyon osmcalpic 2022-01-18 flag
147.Treffen des OSM-Stammtisches Bonn osmcalpic 2022-01-18
San Jose South Bay Map Night osmcalpic 2022-01-19 flag
Lüneburg Lüneburger Mappertreffen (online) osmcalpic 2022-01-18 flag
Dublin OpenStreetMap Ireland – Virtual Map and Chat osmcalpic 2022-01-20 flag
Grenoble Rencontre mensuelle du groupe OSM Grenoble osmcalpic 2022-01-24 flag
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) osmcalpic 2022-01-24 flag
OSMF Engineering Working Group meeting osmcalpic 2022-01-24
Hoeselt Rode Kruis Mapathon – Hoeselt osmcalpic 2022-01-25 flag
OSM Utah Highway Classification Documentation Sprint osmcalpic 2022-01-27
Düsseldorf Düsseldorfer OpenStreetMap-Treffen (Online) osmcalpic 2022-01-26 flag
Missing Maps online Mapathon des DRK osmcalpic 2022-01-26
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public videomeeting osmcalpic 2022-01-27
Amsterdam OSM Nederland nieuwjaarsbijeenkomst (online) osmcalpic 2022-01-29 flag
Bogotá Distrito Capital – Departamento Reunión Trimestral OSM-LatAm osmcalpic 2022-01-29 flag
京都市 京都!街歩き!マッピングパーティ:第29回 鹿王院 osmcalpic 2022-01-30 flag
Milano Mappy Birthday OpenStreetMap Italia! osmcalpic 2022-01-30 flag
Ville de Bruxelles – Stad Brussel Virtual OpenStreetMap Belgium meeting osmcalpic 2022-01-31 flag
London Missing Maps London Mapathon osmcalpic 2022-02-01 flag
San Jose South Bay Map Night osmcalpic 2022-02-02 flag
Landau an der Isar Virtuelles Niederbayern-Treffen osmcalpic 2022-02-01 flag
Berlin OSM-Verkehrswende #33 (Online) osmcalpic 2022-02-01 flag
Lyon EPN des Rancy : Technique de cartographie et d’édition osmcalpic 2022-02-05 flag

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nordpfeil, Strubbl, TheSwavu, derFred, miurahr, muramototomoya.