Author: weeklyteam

週刊OSM 643

2022/11/08-2022/11/14

lead picture

Unmapped Places in OpenStreetMap [1] | © Pascal Neis | map data © OpenStreetMap contributors

私たちについて

  • Telegramグループ管理者へのお知らせです。週刊OSMメンバーの一員であるMatthiasさんが、毎週日曜日に週刊OSMの発行をお知らせするTelegram-Botを作成しました。このbotを利用するには、botをメンバーに加え、weeklyosm dot euにメッセージを送ります。現在、OpenStreetMap, OpenStreetMap India, OpenStreetMap Koreaのグループで使用されています。

マッピング

  • フランスで、自転車用停止線(cycleway=asl)のマッピング方法について議論 されています。自転車用停止線は、自動車用停止線よりも前方に設置されます。交差点の信号機(highway=traffic_signals)のノードを自動車用停止線の場所に置くことがありますが、この場合に自転車用停止線をどこに置くべきかが議論されてます。
  • Kai Johnsonさんは、米国土地管理局が公開しているオフロードコースのマッピングを進めています。しかし砂漠地帯のルートはすぐに地形が変わってしまうのでマッピングが難しいようです。
  • Martijn van Exelさんは、毎月のマッピング活動のまとめを始めました
  • 以下のタグ提案で意見を募集中です。
    • 道路脇駐車スペースの改定
      道路脇駐車スペースの詳細を記述する方法の提案。提案にはparking:lane=*parking:condition=* の廃止が含まれます。
    • deposit_ring=*デポジットリングが取り付けられたゴミ箱。お店に返却したらお金をもらえる空き瓶を取り付けるリングです。貧しい人が空き瓶のデポジット代をもらいやすくするようにしてあるもので、ドイツで運用されています。
  • 以下のタグ提案で投票が実施中です。
    • highway=scramble:登山道等で、手を使わないと上り下りできない道。投票締め切りは11月22日です。
    • 機械製品のメーカーのタグ付け方法を規格化する提案。manufacturer:type=*を廃止してmodel=*に統一するといった変更になります。投票締め切りは11月27日です。
    • archaeological_site=*, :遺跡の種類を指定するタグで、site_type=*を廃止してarchaeological_site=*に変更する提案。

コミュニティ

  • fititntさんは、セマンティック技術を活用することでOSMデータへのアクセス品質を向上させる案を提示しています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF役員選挙が12月に実施されます。今回は4つの席に対して11名が立候補しています。立候補者のマニフェストはwikiで確認できます。投票は12月10日のOSMF総会のあとに実施されます。

イベント

地図

  • LuxuryCoopさんは、韓国で’sageori’交差点と’negeori’交差点の分布を表示した地図を作成しました。카토그램さんは、韓国で三叉路~十叉路の場所を表示する地図を作成しました。
  • OpenIndoorを使うとOSMにマッピングされた室内の詳細情報を表示することができます。
  • GraphHopperマップがデモ版から正式版になりました

ソフトウェア

  • GeoDesk社は、OSMデータをはじめとする地理空間データを処理するGeoDesk バージョン 0.1.0を公開しました。
  • JOSMはOracle版のJavaでは動かなくなります。rtnfさんはAzul版のJavaに切り替えたときの試行錯誤をまとめました。

プログラミング

  • フランス政府は、収容台数80台以上の駐車場に太陽光パネルを設置することを義務化しました。Christan Questさんは、イル・ド・フランス地域で対象となる駐車場を検索したところ、1806か所が見つかり、総面積は5百万m2にのぼることがわかりました。

リリース

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • Climate TRACEは温室効果ガス排出地図を作成しました。なお背景にOSM地図が使われていますが帰属表記がありません。
  • 地図に表す「北」の向きには、「真北」、「方眼北」、「磁北」の3種類があります。磁北は常に移動していますが、英国で3種類の「北」が一致するラインが来年発生します
  • ニューヨーク市の地下鉄マップをわかりやすくデザインした取り組みが10分の動画にまとめられています

まもなく開催

場所 名称 Online 開催日
Dublin Pub Meet 2022-11-21 – 2022-11-22 flag
Grenoble Atelier positionnement GNSS temps réel 2022-11-21 flag
OSMF Engineering Working Group meeting 2022-11-21
서울 Let’s map Korea 렛츠맵코리아 2022-11-22
Barcelona Geomob Barcelona 2022-11-22 flag
San Jose South Bay Map Night 2022-11-23 flag
City of Nottingham OSM East Midlands/Nottingham meetup (online) 2022-11-22 flag
Gent Meetup @ TomTom Gent 2022-11-23 flag
Lima Gestión popular de riesgos de desastres y OpenStreetMap LATAM 2022 2022-11-24 – 2022-11-27 flag
[Online] OpenStreetMap Foundation board of Directors – public videomeeting 2022-11-25
IJmuiden OSM Nederland bijeenkomst (online) 2022-11-26 flag
福岡市 「Mapping Hour」 in OSC2022 Online Fukuoka 2022-11-26 flag
京都市 京都!街歩き!マッピングパーティ:第33回 佛光寺 2022-11-27 flag
Bremen Bremer Mappertreffen (Online) 2022-11-28 flag
Daerah Khusus Ibukota Jakarta OSMGeoWeek Indonesia 2022 2022-11-30 flag
Düsseldorf Düsseldorfer OpenStreetMap-Treffen 2022-11-30 flag
Cojata Reunatón Latam 2022-12-03 flag
加古川市 State of the Map Japan 2022 in Kakogawa 2022-12-03 flag
京都市 京都!街歩き!マッピングパーティ:第34回 渉成園 2022-12-04 flag
Monthly MapRoulette Community Meeting 2022-12-06
San Jose South Bay Map Night 2022-12-07 flag
London Missing Maps London Mapathon 2022-12-06 flag
HOT Tasking Manager Monthly Meet Up 2022-12-07
Brest Mapathon en partenariat avec Infini 2022-12-07 flag
Stuttgart Stuttgarter Stammtisch 2022-12-07 flag
München Münchner OSM-Treffen 2022-12-08 flag
Zürich OSM-Stammtisch 2022-12-09 flag
[Online] 16th Annual General Meeting of the OpenStreetMap Foundation 2022-12-10

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを OSM Kalender 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Lejun, Strubbl, TheSwavu, derFred, muramototomoya.