週刊OSM 542

2020/12/01-2020/12/07

lead picture

新型コロナウイルスワクチン接種マップ 1 | © the-asca | map data © OpenStreetMap contributors |

[Actual Category]

  • OSMF役員選挙が実施され、Tobias Knerr氏(再選)、Jean-Marc Liotier氏、Eugene Alvin Villar氏の3名が当選しました。

マッピング

  • [1] ドイツ語フォーラムではドイツでCOVID-19向けワクチン接種センターの地図を作成する方法について議論されており、これらの接種センター地図の公開を考えている人がいるかどうかを尋ねています。予防接種全般に対して、接種可能な施設向けのタグ付け提案への投票も行われています。投票期限は12/22です。COVID-19向けワクチン接種センターの場所はWikiにリスト化され、uMapで作られた地図もできています。
  • 様々な危険をタグ付けするhazardタグに関する議論が続いています。「落石」標識にタグをつける場合、危険源として考えられる地すべり、落石、土石流、霜の発生による地表変化などが挙げられましたが、直接的な危険源である落石そのものをタグ付けしたほうがよいのではないかとの意見もあります。
  • ブレグジットはマッピングにも影響を及ぼしています。内陸の税関施設が設置されることになったため、このタグ付け方法が英国メーリングリストで質問されています。
  • Minh Nguyen氏はシリコンバレーの企業をインポートする作業への協力を求めています。このエリアに住んでいなくてもMapRouletteを使ってプロジェクトに参加できます。
  • 12月3日は国際障碍者デーでした。OSMFブログに視覚障害者向けや車いす向けのマッピングに関する記事が掲載されました。
  • Graeme Fitzpatrick氏は沿岸警備隊基地のタグ付けをlanduse=militaryemergency=marine_rescueにする提案をしています。詳細はWikiページをご覧下さい。

コミュニティ

  • スエズ・スマート・ソリューションでOSMプロジェクトの概要について講演したADUOSM氏がスライドを公開しました。

インポート

  • スウェーデンの地域で議論無くインポートされたと思われるLantmäterietデータについて、データワーキンググループのFrederik Ramm氏が地元コミュニティに対してインポートのリバートを行うことを通知しています。このインポートに携わったアカウントの多くはスウェーデンに住んでいないか、マッピングを行ったことのないものだそうです。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF役員選挙で、Michal Migurski氏(Facebook)に対して、Facebook社がOSM地図利用時の帰属表示が不十分であるといった指摘がありました。Migurski氏はベストプラクティスを遵守していると主張しましたが、反論、発言内容の検証、矛盾点の指摘など様々なコメントも挙がりました(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8)。
  • OSMF役員選挙におけるMichal Migurski氏(Facebook)に対する批判の中で、Frederik Ramm氏はドナルド・トランプ大統領の2005年のわいせつ発言になぞらえるようなコメントをしました。このコメントに対していくつかの批判の声もあがり(1, 2, 3, 4, 5)、Ramm氏はコメントの背景などを再投稿しました。
  • 12/12に開催されるOSMF年次総会に先立ち、Allan Mustard氏が年次報告書を公開しました。
  • Joost Schouppe氏はOSMF会員の在住国の偏りを分析し、比較的参加数の少ない国のマッパーに対して、年会費を支払わなくても年間の編集数やOSMへの貢献によってOSMF会員になれるプログラムの利用を推奨しています。彼の分析によれば、日本人マッパーはOSMF会員の割合が低く、平均的な参加割合となるためにはあと30人ほどの会員が必要とのことです。

地方支部ニュース

  • FOSSGISが2021年のイベントを発表しました。主要カンファレンスは6月にラッパースウィル(スイス)で開催される予定になっているほか、2021年1月28日にはオンラインイベントFOSSGIS-UPDATEが開催されます。
  • コンゴ共和国の地域コミュニティであるOSM RDCがOSMFの地方支部として承認されました。

OSM人道支援

  • Map Kiberaは新型コロナウイルス対応で実施している活動について報告しています。感染マップの提供や、マッピング講習会などが実施されました。
  • HOTはコミュニティ活動向け少額支援金の第2弾をFacebookの支援のもとで開始しました。総額5000ドルが6つのプロジェクトに支給される予定です。応募締め切りは2021/1/31です。
  • 12/4に開催されたHOTサミット2020で発表されたプロジェクトの中からサミット大賞(賞金5000ドル)が選ばれる予定です。
  • Konturは、HOTの活動の中でDisaster Ninjaを人道マッピングプロジェクトの中でどのように使うか、人口データがマッピングの最適化にどのように役立つかを、Russell Deffner氏(HOT災害対応コーディネーター)へのインタビューと併せて書いています。
  • Tyler Radford氏(HOTエグゼクティブディレクター)がHOTと人道支援マッピングコミュニティとの関係について自身の考えをブログに投稿しました。組織としてのHOTを強調するのを止め、コミュニティ活動に重点を置くことなどを述べています。

教育

ソフトウェア

  • hauke-stieler氏は、屋外で地図上で位置を参照できるメモを簡単かつ迅速に作成して管理するためのシンプルなAndroidアプリGeoNotesを開発しました。
  • OpenTripPlanner(OTP)のバージョン2.0がリリースされました。OTPはOSMデータやGTFS(General Transit Feed Specification)などのオープンデータを利用しています。機能性とパフォーマンスが改善され、経路検索アルゴリズムも置換えられており、コードの保守性を改善するためによりモジュール化された設計でリファクタリングされています。

プログラミング

  • Jochen Topf氏は、OSMFから支援金を受けているosm2pgsqlに関する近況を報告しています。
  • hauke-stieler氏の開発したSimpleTaskManagerのバージョンアップが行われ、ドイツ語、日本語(三浦氏による貢献)による表記が改善され、一部は中国語でも表示できるようになったほか、プロジェクト作成用に新しいユーザーインターフェイスが追加されました。

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • Googleマップの色の選び方の変遷を解説する記事がGoogle Designに掲載されました。
  • 2021年5月に開催される国際災害対応管理情報システム学会の論文締め切りが12月21日に延期されました。
  • AndroidスマホのARCore機能を使うことで、360度撮影せずにGoogleストリートビューに写真を投稿することができるようになります。
  • 米国パシフィックノースウェスト国立研究所PNNLは機械学習を使って道路ネットワークデータや交通センシングデータからほぼリアルタイムで現在の交通量を推定する手法を開発しました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
ベルリン 150. Berlin-Brandenburg Stammtisch (Online) 2020-12-11 germany
ベルリン OSM-Verkehrswende #18 (Online) 2020-12-15 germany
ケルン・ボン空港 134. Bonner OSM-Stammtisch (Online) 2020-12-15 germany
ノッティンガム Nottingham pub meetup 2020-12-15 united kingdom
リヨン Rencontre mensuelle (virtuelle) 2020-12-15 france

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nordpfeil, NunoMASAzevedo, rogehm, TheSwavu, derFred, k_zoar, muramototomoya.

9 thoughts on “週刊OSM 542

  1. Small correction: In context of the Facebook attribution discussion on talk i did not ask “other companies to take a stand”, i suggested *employees of companies* in the OSM context to take a stand independent of the position and the interests of their employer.

  2. Clifford Snow says:

    How could weeklyOSM not report on the biggest stories of the week, if not in years, the circulation of “A Call to Take Action and Confront Systemic Offensive Behaviour in the OSM Community.” The document has been signed by 36 organizations and over than 250 individuals. The document was circulated well before the election results which you published.

    By not including the a report on the call to action weeklyOSM is making a statement, that the opinions of people who want a respectful community are not worth writing about.

    I urge the editors of weeklyOSM to create there own ethical standards. I believe it’s the duty of the weeklyOSM editors is to seek truth and providing a fair and comprehensive account of events and issues.

    1. Alexey says:

      Could you please include politeness into your ethical standards and submit news that you want to have in WeeklyOSM like we do?

  3. R0bst3r says:

    Never heard of “A Call to Take Action and Confront Systemic Offensive Behaviour in the OSM Community.“ This news writers do this job in their free time and don’t make political statements, they maybe also didn’t hear about it.
    Maybe you should contribute by yourself to the osm news. It’s easy possible.

  4. Rogehm says:

    Unfortunately, we were not able to report on it by the deadline of Weekly #542 on December 7. Of course we follow every important news in the OSM world. We ask for your indulgence if a matter falls victim to the editorial deadline and thus does not appear until a week later.

    The Weekly Editorial Team

  5. Jean-Marc Liotier says:

    It might just be the result of the WeeklyOSM editorial process: so as to provide sufficient time for translations, the submissions for the Sunday edition are automatically closed each Monday at 24:00 UTC, which means that a discussion occurring later during the week cannot be a story the following weekend.

  6. eteb3 says:

    The statement Clifford mentions and the discussion of it and Heather Leson’s oil-on-stormy-water comments on the list and at the AGM surely merit a full write-up?

    They haven’t got even a passing mention: not a single woman is mentioned here.

    I was wondering how big this issue is, but here’s some pretty clear evidence that it’s a problem.

Comments are closed.